【洋服選びはママ】両親の歪んだ想いによってバービー人形として育てられた娘の現在

トレンド

これまで整形手術でバービー人形のようなルックスになった女性は何人も聞いたことがあるだろう。しかし今回ロシアで発掘された『新リアルバービー』は整形なし!レベルが違いすぎる!と話題になっているので紹介しよう。

両親から寵愛を受けバービー人形として育てられたアンジェリカ

究極のリアルバービーともいわれるロシア人モデルのアンジェリカ・ケノヴァさんがコチラ。こんな愛らしいルックスなのになんと26歳。そしてまた日本人好みの顔ではないか。

アンジェリカのこの顔といいプロポーションといい、人間離れした完璧なバービー人形の風貌だといえるのだが、整形なしの100%自然体!そのうえ私生活においてもバービー人形として育てられた正真正銘のリアルバービーというから世界がざわついたのだ!

人形として生きるために「洋服選びはママ」「1人での外出禁止」!

アンジェリカは生まれた時から両親より「人形」として扱われた。子供の頃からバービー人形として洋服や髪の毛などもスタイリングされたという。そして成長してもそれは変わらなかった。母親がアンジェリカの体の特徴を強調できるように洋服をすべて選ぶというのがお決まりだ。そのため自分で勝手に購入したことはこれまでに一度もない。

1人での外出や男の子とデートに行くことなんてもちろん許されない。26歳のアンジェリカは外の世界を何も知らない、まさに「生きるバービー人形」なのである。

「両親にそう育てられたこと嬉しく思うわ。だってバービー人形は世界中の女の子の永遠のアイドルだもの!」

完璧なルックスを維持するためにジムも自宅に完備!

アンジェリカのこの完璧ともいわれる容姿は両親そして本人の努力の賜物ともいえるだろう。

この体型を維持するためにアンジェリカは週に5回、3時間をジムで費やす。外出する必要をなくすため両親は自宅にアンジェリカ専用のジムまで造ったというのだから娘をどこへも出したくない超過保護っぷりが想像できるだろう。

とはいえアンジェリカももう26歳、立派な大人である。両親はアンジェリカが家から出ることには反対しているというがこれまでガラスの城に閉じ込められてきたプリンセスはせめて付き添いなしで1人で外出する許可を出して欲しいと話す。そして将来自分一人で独立して生活できる日が来ることを望んでいるという。

旧リアルバービー人形として有名なヴァレリアは全身整形!

ちなみに旧リアルバービーとして有名なウクライナ人のヴァレリア・ルカノワさん。たしかにバービー人形そっくりだが、明らかに造られた感が満載だ。

「バービー人形のようになりたい!」と願う女の子は多く、ヴァレリアは全身整形手術をおこないリアルバービーに近づくことに成功した1人だが、やはり100%自然体のアンジェリカの美しさとは全く違うのがおわかりだろう。

超過保護かと思えばセクシーショットは有りなの!?

余談だがモデルとして活躍するアンジェリカはこんなセクシーな撮影もこなす。

超過保護な両親だがそれはアンジェリカの顔や体型を危険にさらさず維持するためというのが目的なのだろう。こんな撮影はオッケーなのね・・・と不思議な気もするが、アンジェリカの見事なプロポーションをみてほしいというちょっと歪んだ両親の想いがなんとなく伝わってくるのである。

参照元:InstagramTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!