【教育に悪すぎ】キッズ向けおもちゃのCMに自殺とコカインがテーマの曲が使用され問題に!

カルチャー

ポーランド語だからバレないと思ってた!?

キッズ向けのCMといったら、ハッピーな子供向け音楽が使われるのが一般的だろう。まさか、子供に聴かせられないようなテーマをもっている曲が使われるなんて・・・だれも考えたこともないだろう。

こちらが問題となった台湾で作成されたCMである。

これに気づいたのは、台湾の首都・台北在住のポーランド出身の女性。彼女は赤ちゃんを連れ大型スーパーを訪れていたそうだが、子供向けのサボテンのおもちゃを発見した時、耳を疑うような曲が流れてきたという。

それは、「コカイン」「自殺」について言及されたポーランド語の曲。歌詞には、「俺の頭にはこれしかない。5グラムのコカインと、忘却の淵に一人で飛び立つこと」と繰り返し表現されていた。

この曲は、ポーランドのラッパー「Cypis」が作曲したもので、かなり陰鬱な内容でありつつも、同国では有名な楽曲だという。

女性はポーランドにいる友人にこのCMを送ると、ネット掲示板で共有され拡散。その事件は台湾にもめぐりめぐって知られるようになった。

「曲自体は、子供たちの前で演奏するのは間違いなく不適切です」と女性は、現地紙「台湾英文新聞」に対し語っていた。

台湾の販売者は、ポーランド語だからわからずにCM曲に選んだのだろうか?もし意図的であったとしたら大問題である。

 

参照元:台湾英文新聞、Youtube [1][2]

あなたにおすすめ