【悲報】渋滞に巻き込まれたテスラ車の運転手。彼の見ている映像がツイッターに投稿されてしまう!

テクノロジー

     

テスラ車の運転手が見ていたものとは?

自動運転車が導く未来の形は素晴らしいものだが、こういった弊害にも注意が必要だ。
1月19日、ロンドン南部のアディントンの路上で渋滞中、自動運転車「テスラS」の車内で運転手が見ていた映像がTwitterで拡散された。

彼が見ていた映像は、そう”ポルノ”であった。

車内には17インチの巨大縦型ディスプレイ搭載

確かに自動運転中の手持ちぶさた具合は想像に難くなく、そこに車内ディスプレイの大画面でネット接続可能・・となるとこうなる気持ちは分からなくもない。
テスラSの運転席には17インチもの巨大縦型ディスプレイが搭載されており、その閲覧状況は後ろの車からバッチリ見えてしまう、ということまで運転手は考えが及ばなかったようだ。
もちろん自分の車内で何を見ようが、それは個人の自由なのであるが・・。

車内空間というのは独特のもので、一人で運転しているとプライぺート空間として実に快適だ。
しかし、運転という社会行為をしている以上、自室とは違うという意識を保つ必要があるだろう。

今後、自動運転がさらなる進歩を遂げることはあきらかだ。
車内での過ごし方のマナーなどについてもアップデートが必要になってくるかもしれない。

参照元:Twitter”TriangleNewsUK”Ladbible

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧