【史上初】これが未来か!?市販のEVフライングバイクが今年後半から提供開始予定!

テクノロジー

     

これは乗ってみたい。
「空飛ぶ車」については過去当サイトでも多々取り上げてきた。今回ご紹介するのはいわゆる“車”ではないが、今までとは違うアプローチで一般人に空を飛ぶ体験を与えてくれそうだ。

一人乗りのEVフライングバイク!

この乗り物は、“フライングバイク”である。
スウェーデンのストックホルムを拠点とするJetson社が開発した。
動力源は電気のみで、大容量のリチウムイオン電池を搭載しながらも、機体重量を86kgに抑えている。最高速度は約100km/h。
1人乗り車両で価格は68,000ポンド(約1,062万円)と超高級車1台くらいの価格を実現しているのが驚きだ。
2021年10月に市販が公表され、すでに2022年の生産予定数である12機を完売している。
同社のサイトには2023年までの販売先の国名が記載されており、2023年分のオーダーには“日本”“下田”とあり、期待がふくらむ。

開発会社は空飛ぶ車も市販を計画中

同社の創業者であるPeter Ternstrom氏は、

初めて飛んだときはすごい感じでした。完全に振動がないのでヘリコプターや飛行機のようなものとは全然違うんだ。

と飛行の感想を述べている。

Jetson社はこの市販車のみにとどまらず、2030年までに4人乗りの空飛ぶ車の市販も計画しているとのことだ。

テーマパークとかレジャー施設に1台あったら、ぜひ操縦してみたいという人も多いのではないだろうか。
興味がある方は、下記Jetson社のサイトを追っていただきたい!

参照元:YoutubeJetson

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧