【正気か!?】コンビニに拳銃を持った強盗が押し入るも犯人はまさかの12歳の少年だった!

事件

     

拳銃で犯行に及んだのは12歳の少年

昨今、米国では銃乱射事件が相次いでいるが、そんななかミシガン州にあるガソリンスタンドに併設されたコンビニエンスストアに拳銃を持って現れた強盗犯が衝撃を与えている。

6月1日、コンビニのレジにやってきたのは一人の少年である。そして、この少年は金銭を要求するとともに、おもむろに拳銃を取り出し天井に向けて発砲したのだ。

その拳銃が本物であるとわかった店員はレジにあった現金5000ドル(約66万円)を少年に手渡した。少年はその現金を手に現場をあとにしたのだが、その後、数ブロック離れたところで警察に逮捕されたそうだ。

警察の発表によると、この強盗犯はなんと12歳だったという。自宅の金庫に父親が保管していた拳銃を持ち出し今回の犯行に及んだというのだが、まさか12歳の少年がこのような事件を起こすとは驚きである。未成年の少年は、今後成人として裁判にかけられる可能性もあるというが、銃社会ならではの問題点が改めて浮き彫りになったといえるのではないだろうか。

参照元:YouTubeabc7

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧