【相手が悪かった】35歳男が因縁をつけた16歳少年、実はブラジリアン柔術の世界チャンピオンだった!

事件

     

男が因縁をつけた少年がすごい人だった

事件が起きたのは今から約1年前、2021年9月14日のこと。

英ヨーク州ギズボロー・ハイ・ストリートで友人とベンチに座っていた高校生のアレックス・ウィリアムス君(当時16歳)は、突然やってきた男スチュアート・ブリッグス(当時35歳)に因縁をつけられ絡まれたという。

胸ぐらを掴みアレックス君を強引に引っ張るブリッグスだが、次の瞬間、アレックス君が驚きの行動に出た。

なんと、手慣れた様子でブリッグスを投げ飛ばしたのだ。不意打ちに驚きながらも腹の虫がおさまらないブリッグスは再びアレックス君の方へ向かってくるが、今度は地面に押さえつけられ全く歯が立たないのである。

それもそのはず、なんとアレックス君はブラジリアン柔術の世界チャンピオンだったのだ。

男は有罪、少年は子供向けのジムを立ち上げる

アレックス君は当時の心境をこう話している。

相手が近づいてきたので自分自身を守り反撃するタイミングを見計らい実践しました。戦うのか逃げるのかどちらかを選択する必要があったので、戦うことを選び集中していました。男はナイフで刺すぞと脅してきたために、もし本当にナイフを持っていたらどうしようかと考えましたが、何千回とトレーニングをこなしてきたので動きは自然に思い浮かびました。男に反撃しても何度も向かってくるので安全な状況をつくるために男を押さえつけたのです。

今月9日、ブリッグスはティーズサイド治安判事裁判所に出頭し有罪となり、判決は来月言い渡されるという。その一方で、アレックス君は同じく格闘技チャンピオンである仲間とともに、子供向けのイジメ防止ジムを立ち上げたとのこと。すでにかなりの人数がこのジムに登録をしているとのことで、アレックス君の動画が拡散されたことで自己防衛の必要性がより伝わったことは言うまでもないだろう。

参照元:LadbibleDailymail

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧