眉毛をカッコよく整えるため最新加工技術を施した女性、『あの人』みたいになってしまい泣き笑い!

おもしろ

     

眉毛って大事ですよね。
イギリスの大衆紙『The Sun』のHair&Beauty欄にその重要性がまざまざと理解できる記事が掲載され話題となっているのでご紹介したい。

イングランドの北西部マンチェスターに住むサラ・ドネリーさんは、子供を育てながらも美容にも気を遣っているお美しい女性。
彼女はオシャレに目覚め始めた子供たちに負けじと最新の施術『ブロウラミネーション』を試みた。これは、髪の毛にパーマをかけるときと同じパーマ剤を眉毛に使って固定させるもの。眉毛を上向きに流れるように整えることが出来、うまく決まればスーパーモデル顔負けのバシッと決まったカッコイイ眉毛となるはずである。

しかし、その結果は・・・

@sarahdonnelly5 I was trying to keep up with the kids, so I got my brows laminated, and this happened. 🙈 #fyp #foryou #foryoupage #funny #comedy #laugh #eyebrows #gonewrong #hadtoshare ♬ original sound – Sarah Donnelly

そう。まるで英国が誇るコメディ『Mrビーン』のような眉毛になってしまったのである。スゴイ・・。
サラさんが陽気なのがせめてもの救いである。もしも自分の眉毛がこんなにされた日にはそのまま失踪、山に籠ってしまってもおかしくはない。

TikTokに投稿されたこの映像では当初、彼女は声もまともに出せない泣き笑いの様子だ。

“子供に負けないように、眉毛をラミネート加工したのよ。そしたら、こんなことになっちゃった。笑いが止まらないわ。私、バカみたい”

そして、彼女はカメラを傾け、額にでかでかと存在する太いふさふさの眉毛を見せた。泣き笑いしすぎのあまり、大きなせきをして映像は終わった。この動画は8万8千人以上の視聴者から「いいね!」を得ていて、多くのコメントがついている。

やはり多いのが、”Mrビーンかよ?”というコメントだが、
“ドラマ「アメリカン・パイ」のジムのお父さんに似てる”
“ナメクジ??”
と言ったコメントもある。しかし世には優しい人も多いようだ。

”色あせたり、見栄えが良くなるのに時間はかからないよ。安心して”
“2、3日待ってれば色合いが少し薄くなる。そうすれば、きっと気に入るはずだ ”

と言った心休まるコメントもある。

ちなみに、この施術方法は欧米では認可されているものの、日本では眉毛用パーマ剤を使うことは認可されていない。ただ日本でも、知ってか知らずか眉毛にパーマ剤を使用しているサロンが増えているようだ。眉毛にパーマ剤を使用している時点で違法であるのでご注意いただきたい。

なおこのサラさんの映像、TikTokへの投稿は去年の12月だ。現在の彼女の眉毛がどんな風になっているか知りたい方は、下記サラさんのTikTokを是非ご確認ください。
・・・全然別人である。やっぱり眉毛って大事ですね。

参照元:TikTokTheSunジャパンブロウアーティスト協会

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧