ホラー映画のマスクを被って幼児を脅した!デイケアセンターの職員達が児童虐待の罪で逮捕、起訴される

カルチャー

     

ホラー映画のマスクで幼児達を恐怖に陥れる職員たち

「スクリーム」シリーズは1996年公開の映画に始まる一連のホラーシリーズ。このほど、そのホラー映画で使われた恐ろしいマスクを被り、ケアすべき幼児たちを恐怖に陥らせている動画がネットで拡散され物議を醸した。そして今月19日、その動画を撮影した5人のデイケアセンター職員が児童虐待の罪で起訴された。

この事件は10月4日、アメリカ・ミシシッピ州ハミルトンのリルブレッシングズ・チャイルドケア・アンド・ラーニングセンターで発生した。動画では、マスクを着用したデイケアセンターの職員が、恐ろしいマスクを被って、子供たちを恐怖に陥れているのを見ることができる。幼児たちは泣き叫び、恐怖で身動きが取れなくなっている子もいる。
「悪い子は外に連れ出すわよ!」とマスクをした職員が小さな子供の顔の数センチまで迫り叫び声を上げていたり、身をかがめ恐怖に震えながら泣いている子供に対して金切り声を上げていたりする。

残念ながら、この動画の様子からはユーモアや優しさなどは微塵も感じられない。

5人の職員が逮捕、起訴される

この動画がネットで拡散されるや当局は行動を起こし、20日までに5名の女性職員が逮捕、起訴された。デイケア施設の所有者であるシェイラ・サンダース氏はこの事件について知った後、すぐに関与した従業員を解雇した。

地元メディアの取材を受けた幼児の親の一人は、
「私はこの映像を見てものすごくショックでした。マスクをつけていようとなかろうと、職員達の行動は容認できません。私は心から怒っています。子供に与えた影響は深刻で刑務所行きは当然だと思います」

と語っている。

さらに他の母親は、
「映像に映っている娘の恐怖の顔・・。今も毎晩娘が眠る前にその顔をするの。トラウマになってる」
と語っている。

モンロー郡保安官事務所によると逮捕された女性職員5名うち4名は児童虐待、1名は未成年者に対する虐待と単純な暴行を報告しなかった罪で起訴されているそうだ。
ハロウィーンの時期も近く、職員達には悪気はなかったと思いたいところだが・・。相手は幼い幼児。この女性職員達には、幼児の反応をよく観察して対応するという基本的な姿勢で欠けるところがあったようである。

参照元:YoutubeABC News

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧