【そんなに好きなら】約束を守らずテレビに釘付けだった8歳息子に両親が与えた罰が物議を醸す!

カルチャー

     

テレビが好きなら一晩中見なさい

現代っ子たちはスマホやテレビ、ゲームなどスクリーンに釘付けになり、ついつい時間が経つのを忘れるほど夢中になってしまうことも少なくない。日本のみならず、世界中の多くの親御さんはこの問題に直面し、家庭内でルールを決めるなど何かしら解決策を見出しているのだろうが、今、中国のあるご家庭で両親が息子に強いた罰が物議を醸しているという。

11月11日、中国湖南省出身の夫妻は、外出前に8歳の息子に「宿題を済ませて、8時半には寝るように」と伝えていた。しかし、夜になって自宅へ帰ると、約束した就寝時間を過ぎているにもかかわらず、息子はソファに座ってテレビを見ていたのである。

さらに、息子は宿題もやっていないことが判明し、両親はちょっぴり懲らしめることにしたようだ。

その罰とは、一晩中テレビを見続けるというもの。「そんなに好きならテレビをずっと見ていなさい」と、息子をソファに座らせ好きな番組を見させたというのだ。

もしかすると息子も最初は喜んでいたかもしれない。しかし、時間が経過するとだんだん眠くなってきたようだ。泣きながらベッドに行きたいといっても許されず、ソファで眠ってしまっても起こされてテレビを見させられるその動画がSNSで拡散されると、子供を寝かせないことは虐待行為にあたると一部から批判の声が寄せられることとなった。

約束を守らなかったために強制的にテレビを見させられた息子だが、結局午前5時頃にベッドに行く許可がもらえ、その後はゆっくりと眠れたようだ。今回の件が教訓となったのかどうかは不明だが、大好きだったテレビもしばらくの間は見たくもないでしょうね。

参照元:YouTubeOddity Central

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧