Uber Eatsに注文したけど届かないの!と訴える女性の通報を警察が共有。届かなくても警察には電話しないように

事件

     

師も走る師走、食事の準備が追っつかずデリバリーサービスの助けを借りるという人も多くなる時期だが、事情は海外でも同じようだ。
この度、イギリスのとある警察署が行った注意喚起動画がそのシュールな内容で話題だ。

今回、注意喚起用に公開されたこの音声はイングランドの北部ヨークシャーにあるウエストヨークシャー警察が公開したもの。
警察への緊急通報用電話番号999(日本の110番に該当する)を録音したものだ。
そのやり取りは以下のとおり。

「頼んだ物が来ないの。別の住所に送られたみたいで、私のところには来ていないのよ。でねショップに電話して返金を求めたの。でも、お店は返金できないっていうの」

(警察)「そうですか。でも警察にはどうしようもない話です」

「そしたらね私、UberEatsと連絡とれなくなっちゃったのよね」

(警察)「この内容は民事ですよね。二度とこちらに電話しないでください」

そして最後、「警察への緊急通報は、なるべく生死に関わる緊急事態のみにしてほしい。そうではない電話が毎日120件は掛かってきています!」と訴えてその映像はしめくくられた。

非常に落ち着いた通報者の口調と、警察側が通報者に気圧されてしまっているような雰囲気、レトロな画像表現とが相まって、妙な可笑しさが感じられる映像に仕上がっている。

チャンネル登録者数5450人を誇る同、ウエストヨークシャー警察の公式Youtubeチャンネルには定期的にこの類の「正しくない緊急通報内容」動画が公開されており、「チーズバーガー注文したい」「コロナウィルスの検査をしてほしい」「蜘蛛が家の中にいたの」等々の困った通話内容が満載である。興味ある方は是非覗いてみてほしい。

参照元:Youtubeindy100

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧