【絶体絶命】カバに丸呑みされそうになった2歳男児…、誰もが諦めたその時奇跡が起きる!

事件

     

絶体絶命のなか、石を投げて男児を救う

このほど、東アフリカに位置するウガンダ共和国で、2歳の男の子がカバに襲われるという事件が起きた。大きな口を開けたカバにそのまま丸呑みされてしまうのかと誰もが諦めたその時、近くにいた男性のある行動により男児は生きたまま吐き出されたというのである。

報道によると、この日、ポール・イガ君(2)はウガンダ西部にあるエドワード湖の湖畔から800ヤード(約730メートル)ほど離れた自宅近くで遊んでいたという。しかし、そこに突然現れたカバが、ポール君の頭部から体半分を口の中に入れてしまったのだ。

この一瞬の出来事に、もはや為す術もなく誰もがその一部始終をただ見ていただけだったに違いない。しかし、地元住民の男性はすかさず石を拾ってカバに投げつけたのだ。

野生動物の危険性を警告

すると、驚いたカバは口からポール君を吐き出したのである。救出されたポール君は怪我の治療のために近くの診療所を訪れ、念のため大きな病院で狂犬病のワクチンを接種したというが、その後退院し家族のもとへ帰ることができたという。

一見、大人しそうにみえるカバだが、実は身の危険を感じると攻撃的になり、自分と湖や川の間に誰かが立っている場合には特に攻撃的になるそうだ。咬む力はライオンの3倍、人間の10倍あり、またその巨体にもかかわらず、時速20kmで短距離を移動できるという。

ウガンダ警察は「エドワード湖から迷い出たカバが幼い子供を襲ったこのような事件は初めてのことです」と声明を出しており、周辺住民には野生動物がいかに危険であるかについてさらなる注意喚起を促している。

参照元:TwitterThe Telegraph

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧