【恒例】英ロンドンで2年ぶりに『ノーパンツデー』が開催され地下鉄は下着姿の人々で賑わう!

カルチャー

     

下着姿で地下鉄に乗り込む人々

今月8日、英ロンドンの地下鉄ではこんな光景が見られた。

ズボンやスカートを履かない下着姿の乗客たちである。

実はこれ、世界60カ国以上で毎年開催されている『No Pants Subway Ride(パンツを脱いで地下鉄に乗ろう)』というイベントで、イギリスでは『No Trousers Tube Ride』と言われているが、ここでいうパンツとは前述の通りズボンのことで下着のパンツを脱ぐという意味ではないので間違えないでいただきたい。

主催者によると、このイベントの目的は人々を笑わせ、楽しんでもらうことだそうで、人を不快にするものではなく楽しい下着を身につけることを推奨しているという。

2002年に米ニューヨークで始まったこのイベントは毎年恒例となっていたもののパンデミック以降は開催中止となっており、今年もニューヨークでは中止が発表されていた。そんななか、ロンドンでは無事開催されたわけだが、自粛が続いたあとのイベント開催は多くの人が待ち望み、また以前のような生活に戻りつつあることを喜ぶ声も多かったことだろう。

参照元:BBCTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧