飲酒運転で被害総額10億円超の邸宅大爆発を引き起こした女性が酒を提供した会社を訴える

事件

     

飲酒運転女性が酒の提供会社を訴える

飲酒運転で民家に激突、ガス管を破裂させて大爆発事故を引き起こしたカナダ人女性が、酒類を提供した企業を訴え出ている。
彼女は、酒類を提供した企業側にも責任の一端があると主張しているそうだ。

今月16日、CBC(カナダ放送協会)の報じるところによると、ダニエラ・レイス(26歳)は彼女に酒類を提供した「オベーションズ・オンタリオ・フード・サービシズ社」がこの事件の責任の一部を共有すべきだ、と主張しているそうだ。

この『車爆弾』事件は今から3年程前、2019年8月にカナダ・オンタリオ州西部で発生した。

バドワイザー・ガーデンズ・アリーナで行われたマリリン・マンソンのコンサートで飲酒したレイスは、父親名義のフォード車のハンドルを握って帰宅途中だった。酩酊した彼女は車をウッドマン・アベニュー450番地のレンガ造りの家にぶつけた。その衝撃で家のガス管が破裂、それが引火し大爆発が引き起こされた。爆発によって周囲4軒の家が破壊され、計7人が負傷したという。幸いにも死者は出なかったものの、さらに落下した火事の燃えかすによって周囲の家数軒が燃え、近隣全体が避難を余技なくされた。

この爆発による被害総額は980万ドル(約13億円)から1470万ドル(約19億円)に上ると言われている。

訴訟には辛辣な意見が

今回提訴された「オベーションズ・オンタリオ・フード・サービシズ社」はこのコンサート会場で酒類を提供していた。
原告の声明は以下のとおりだ。

・オベーションズ・オンタリオ・フード・サービシズ社(以下、同社)またはその従業員は「彼女が酔っ払っている、または酔うようになることを知っていた、または知っているべきだったときに」レイスにアルコールを提供した。

・同社は適切に訓練された警備員等を出口に配置し、会場を去る人々の飲酒状態を監視することを怠った。

・同社は、彼女が「彼女が酔っていることを知っていた、または知っていたはずだったときに」レイスの交通手段をチェックしなかった。

・同社のスタッフは、レイスが車で家に帰らないようにするための措置を講じずに、レイスを会場から追い出した。

そして原告はレイスと彼女の父親が事件の被害者に何らかの金額を支払う必要がある場合、「同社からの寄付と補償を受ける権利がある」と述べているという。

当然だが、この訴訟についてのネットの反応は辛辣なものが多いようだ。

「この女はばかげている、あなたがしたことの責任を取れ!」「飲酒を監視したり、ハンドルを握るほど愚かではないことを確認したりするのは、ビジネスの責任ではない!」「この世代はいつも誰かのせいにする。飲酒運転はやめましょう。自分で責任を取ってください。」「この女性はタクシーに乗ることを学ぶべき。それは彼女の問題であり、他の誰のせいでもありません。」

という意見や、やや皮肉めいた

「大人はもはや責任を持って飲酒することを期待されていないのか?」
「悲しいことに、彼女は勝つかもしれない。犯罪者を被害者扱いするこの国(カナダ)ではバーで飲んで自宅の階段から転げ落ちたとしてもお酒を出した人は責任を問われるんだ。」

と言う意見もある。

国を問わず、飲酒運転はどんな理由があれ厳しく罰せられるべきもの。その責任の一端を他になるりつけるなど論外である。
日本でも過去、飲酒運転による沢山の悲劇的事件が起こり、ここ20年来厳罰化が進んでいることは皆さんご承知の通り。筆者もこの事件を知り、改めて飲酒運転の恐ろしさを思い知った。気を引き締めて運転に臨みたいものだ。

ダニエラ・レイスは2020年10月に4件の運転障害の罪で有罪を認め、2021年2月に3年の懲役刑を言い渡されている。それでもなお、レイスと彼女の父親は、爆発をめぐってさらに6件の訴訟に直面しているとのことだ。

参照元:NewYork PostCBCYoutube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧