【ギネス級】ニンテンドースイッチのソフトが尋常じゃなく苦いと話題に!

アイテム

先日の3月3日に発売された任天堂の次世代ゲーム機「ニンテンドースイッチ」。予約すら困難になる店舗もでたほどの人気ぶり。しかし、このニンテンドースイッチは、思わぬ形で話題になることになった。

ソフトが苦い!?

なんとこのニンテンドースイッチのソフトがハンパなく「苦い」というのだ。子どもが誤って飲み込まないようにということらしいが、とにかく苦い。どういう経緯でソフトの味を確かめようとなったのかはわからないが、主に海外のゲームメディア関係者から広まったようだ。

任天堂は子どもたちがソフトを飲み込まないように味をまずくしたみたいだけど、ちょっとなめてみた。もう最悪だ。

スイッチのソフトを口の中に入れてみた。ソフトが何でできているかはわからないが、まだ味が残っている。試さないように。

そんなにまずいのか…ちょっと気になるではないか!そう思った人は多かったのだろう。日本でも発売されると同時にソフトをなめてみる猛者が多数出現!!

相当苦いようだ。ギネスに認定されるほどの物質を塗っているらしい。そこまでする必要があるのだろうか。

任天堂もアナウンス!

任天堂のホームページには以下のような記載が。

Q ゲームカードをさわった手をなめたら、苦い変な味がしました。健康に害はありませんか?

A 健康に害はありませんのでご安心ください。Nintendo Switchのゲームカードには、苦み成分(デナトニウムベンゾエイト)が塗られています。

あまりにも多くの人がなめすぎたためか、任天堂も説明を強いられる事態に。

これも任天堂の戦略か…?

確かに、誰がなめたかわからないような中古のソフトは買いたくない。任天堂はこうやって新品を買わせようとしているのか…だとしたらかなりの策士といえる。

「実際になめてみた」動画も

こうなるとやはり、ユーチューバーが黙っていない。すでに何人ものユーチューバーが「なめてみた」動画を投稿している。

どう見ても苦そうである。おそらく英語があまりわからない人でもソフトの「苦さ」を理解できたのではないだろうか。しかもこの人は何度もなめてその味をしっかり確認している。何が彼をそうさせるのかはわからないが、体をはって私たちにその苦さを伝えてくれている。

任天堂が急にソフトを苦くしたのは、これまでよりもかなり小さくなり、子どもが飲み込んでしまう危険性が高くなったためだろう。乳幼児のおもちゃにもこのような加工がされていることがあるという。対象年齢が他社のものよりも広い任天堂らしい配慮といえる。

まさか大の大人がこぞってソフトをなめるとは任天堂も思ってもなかったのだろうが、結果的に大きな話題となったので結果オーライか。

Wii Uの売れ行きが悪く、スマホゲームも台頭する中、「ニンテンドースイッチ」は起死回生の一手となることができるだろうか。

参照 Twitter 123456任天堂YOUTUBE

あなたにおすすめ