【新事実】フラミンゴが片足で立つ衝撃的すぎる理由がついに解明される!

動物

フラミンゴ…ピンク色の体で、片足で立っていることが多い。そして動物園のフラミンゴのコーナーはたいてい臭い。

そんなフラミンゴだが、なぜ片足で立っているか知っているだろうか?

これまでは、水の中では両足で立つよりも、片足で立つほうが体温が奪われにくいのではないかという説や、片足で交互に立っているほうが筋肉の疲労が軽減されるのではないかという説が一般的であった。しかし、先日発表された論文で、衝撃的な理由が解明された。フラミンゴが片足で立つ理由、それは…

片足のほうがバランスがいいから!?

なんとフラミンゴは片足で立っているほうが、両足で立つよりもバランスがとれるというのである!!我々人類からしてみればむしろバランスがとりにくそうに思えるのだが…

ジョージア工科大学のヤング・ホイ・チャン、エモリー大学のレナ・ティンが発表した論文によると、重心の「ぶれ」が片足で立っているときが一番少なかったという。つまり、フラミンゴにとって一番自然な姿勢が片足で立つことなのである!

ではなぜ片足で立つのがフラミンゴにとって自然な姿勢なのか?それは関節の構造が関係している。

片足で立つことができる身体構造

この論文のフラミンゴの死体を使った実験によると、片足で立たせているときには死体は安定していたが、両足で立たせようとするとすぐに崩れ落ちてしまったという。

フラミンゴ1この画像の中央の点に注目すると…

フラミンゴ2体の前の方を押したときも

フラミンゴ4後ろのほうを押したときも中央の点の場所は変わっていない。

前後で可動域に差はあれど、中央の点を中心にして体が動いている。このようにしてフラミンゴはバランスが取れるようになっている。

フラミンゴ5両足で立つと重心の場所が変わり、バランスがとれなくなる。

つまり、フラミンゴの身体構造は元来、自分の体を片足で支えられるようになっており、そのため、片足で立つことが自分の体の負担にならないということである。

片足で立つフラミンゴのバランス感覚すげー!と思っていたが、その姿勢が一番自然だというのだから驚きである。我々が両足で立つくらいに普通のことなのだろう。我々人間も片足で立つのが自然な姿勢となるような進化を遂げる可能性は0ではない…のか?


↑上がその実験の動画(全て英語による解説)。

参照元:The Royal SocietyFacebook

あなたにおすすめ