【人種差別問題】ボディソープのCM公開後マッハで非難が殺到する事態に!一体なぜ!?

カルチャー

日本でも販売されている米ブランド『Dove(ダブ)』のボディソープや洗顔剤。愛用者も多いのではないだろうか。

そんなDoveが10月6日にFacebookに公開したCM動画がマッハで物議を醸す事態に陥り、翌日には削除されることとなった。一体なぜなのか・・・。

黒人女性がTシャツを脱ぐと白人女性に!

冒頭の通り、問題の動画はすでに削除されているが、まずはこちらを見ていただこう。

So I'm scrolling through Facebook and this is the #dove ad that comes up…. ok so what am I looking at….

Goodmorning…

Naythemuaさんの投稿 2017年10月6日(金)

メイクアップアーティストのナオミさんが投稿したキャプチャ画像である。黒人女性がTシャツを脱ぐと白人女性に変身するものだが、これをみて違和感を感じた方はいるだろうか。

問題はボディソープのプロモーション動画だということだ。

そう、ボディソープを使うことで黒人が白人のように綺麗になる、と多くの人は受け取ってしまったのである。

実は2011年にも同様の人種差別CMで非難されていた!

考え過ぎでは、、、と思う人もいるかもしれない。しかしDoveは過去にも同様の人種差別CMを制作したことがあったのだ。それがコチラの画像だ。

黒人女性をビフォー、そして白人女性をアフターとあからさまに表現している。当時かなり非難されたようだが当然だろう。そして、今回2度目の人種差別を思わせるような動画を公開したというのだから、「配慮にかけている」としか言いようがない。

アメリカ放送局でコメンテーターを務めるキース・ボイキンさんはこう述べている。

1度目の人種差別的な広告でDoveは疑われる存在となる。
2度目の人種差別的な広告はさすがに有罪だろう。

Dove「多様性を表現したかった」

これらの批判を受け、Doveは翌日10月7日には動画を削除、そして10月8日にはこんな謝罪文を投稿した。

Doveは多様性の美しさを表現することに取り組んでいます。問題の動画では黒人女性を表現する方向性が的確ではなく、このような事態に陥ってしまったことを深く後悔しています。

黒人女性や白人女性、どんなスキンカラーの人にでも使ってもらえる商品、を表現したかったのだろうが、やはり今回の動画では誤解を招いてもおかしくないだろう。

Doveに対する批判はいまだ収束しそうにないが、人種差別問題は歴史的背景があるだけに、より慎重に考える必要があったはずだ。もちろんこれはすべての人種に言えることであり、今回の出来事をきっかけに、いま一度、考える機会になったことは間違いないだろう。

参照元:FacebookTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!