【賛否両論】ロシア人美女学生がパンツを見せる動画をアップ!公開理由が物議をかもす!

トレンド

まずはコチラの動画をご覧ください

今、ロシア人美女が、ただただパンツを見せつける動画が話題になっている。

背中がぱっくりと開いた、赤のミニ丈ドレスに身を包み、人が行き交う通路に堂々と立つこの女性。

なんのはずかしげもなく、スカートをめくり、パンツを様々な場所で見せつけている。

しかもこの動画に書かれているのは「全てのパンツ盗撮魔にむけて」という文字。

「見られたいのか?」「見ていいのか?」と少し期待してしまった男性陣もいることだろう。

しかし、この動画の公開理由には、想像を超える深いわけがある。

「これでも見て、私たちの前から失せろ!」

実は彼女、盗撮魔の「パンツを見たい願望」を満たそうとする、ただの優しい少女なんかではない。

むしろ彼女は、「全ての被害者に代わって言うわ。これでも見て、そしてさっさと私たちの前から失せろ!」というキツ~いメッセージを、盗撮魔に向けて発信しているのである。

なんと、世間の盗撮被害に遭う様々な女性の代わりに、自分のパンツを見せて「これで満足しろ」という挑発的な内容の動画だったのだ!

この女性の名はアンナさん。

かなりの美女であることが見て取れる。「公的活動家」を名乗るモスクワの学生である。

なんとこの抗議動画は、公開から1週間で再生回数180万回を突破した!!!

筆者はこの動画を見て「盗撮がいかに卑劣な行為か、勇気を出して伝えようとしてくれている!」と感じるが、世間の反応は様々なようだ。

筆者のように「勇敢な行動をとってくれた!」と感じる人もいれば、「むしろ男性を喜ばせるためだけの動画だ!」と批判する人もいる。

この動画に対し、パンツが見れたことを喜ぶような男性のコメントがついていることも事実である。

あなたは、どう感じましたか?

盗撮や痴漢は、被害に遭っても「減るものじゃないから良いだろう」と主張する人がいる。

しかし、それは大間違いだ。

被害に遭った際の精神的ダメージが計り知れないのはもちろんのこと、その瞬間を思い出すだけで毎回精神的ダメージを食らう。

着実に女性たちの精神をすり減らしていく行為なのである。

そんなことを主張するこの動画。 みなさんは彼女の行動に、どのような感想を抱いただろうか?

参照元:The SunYouTubeInstagram

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

村山ていな

小学校から大学まで家の近くに学校がない人生だったおかげで、特技は早起き。 「ゆでたまごの殻を剥く選手権」があったら、世界ランキング上位3%に入る自信あり。

この人が書いた記事記事一覧