【なんじゃこりゃ!?】漁師が海に浮いている人の頭っぽいものを発見!実は意外なものだった!

自然

「ペルセベ」にびっしりと覆われたボール

先日、海で発見された「とんでもないもの」の写真がツイッターに投稿され、話題になった。

その写真がこちらである!


なんじゃこりゃ!!!

バスケットボールが部分的にびっしりと何かに覆われている。筆者は「カメノテか?」と思ったのだが、どうやら厳密には違うらしい。

実はこのボールにまとわりついている物体は、しばしばカメノテと混同される「ペルセベ」というものらしいのだ・・・!

人の頭かとおもった!

イングランドの南岸に暮らす漁師アニー・ギルバートさん(54)が船に乗っていたとき、10マイル先で何かが浮かんでいるのを発見した。

はじめは、人間の頭部だと思い込み、怖くて気味が悪いので近づかなかったという。しかし、少ししてから夫のイアンさんと一緒に近づき、この正体が発覚することなる。

ちなみに、このペルセベに覆われたボールは、写真を撮ったあとすぐに海に戻してあげたそうだ。

カメノテの近縁種「ペルセベ」

ペルセベとは、スペイン料理では高級食材として用いられるもの。ペルセベもカメノテも、有柄目・ミョウガガイ科ではあるが、学名が違う上に食べられる部分もカメノテのほうが少ないらしい。

ペルセベの卵が孵化して幼生となったときに、普段は流木などに寄生する所を、このボールに寄生したとみられている。

浮かんでいたのが人の頭ではなかったものの、とんでもない物体には変わりなく、アニーさん夫婦はかなり驚いたようであった。

参照元:Twitter

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

村山ていな

小学校から大学まで家の近くに学校がない人生だったおかげで、特技は早起き。 「ゆでたまごの殻を剥く選手権」があったら、世界ランキング上位3%に入る自信あり。

この人が書いた記事記事一覧