【ほっこり】8年前に助けたリスがそれからずっと会いに来る話。

動物

ケガをしたリスを助けると…

2009年、ブラントリー・ハリソンさんは、ケガをしている小さなリスを見つけた。どうやらフクロウに襲われたようだ。

ベラと名づけ、彼女はそのリスを自宅で保護し、治療した。

CID & Bellaさん(@cidandbella)がシェアした投稿

そして、翌年の春、健康に問題がないと考えた彼女は、ベラを野生にかえそうとした。しかし、ベラは森の中を駆け回るようになったものの、ブラントリーさんの家から遠く離れることはなかった

実はブラントリーさんは、他にも3匹のリスを同時に育てていたのだが、彼女の家に戻って来るようになったのはベラだけだった。

「ベラは玄関の扉の前で誰かが気付くのを待ってるの。ジャンプして窓から入ってくることもあるわ。」とブラントリーさんは語る。

CID & Bellaさん(@cidandbella)がシェアした投稿

そして、ベラにもう1つ、ある出来事が起きた。

もう1つの出来事

ある日、ベラがブラントリーさんの家を訪ねてきたとき、足にを負っていた。ブラントリーさんは以前のようにベラを治療した。

そしてもうほとんど完治した、という時に、何とベラが子どもを出産したのだ!!「私が育てた子が新しい命を授かるなんて、とても驚いたわ!」

ブラントリーさんは、ベラの子どもも、野生で生きられるようになるまで育てたあげたとのことだ。

始めはペットですらなかったベラだが、今では家族の一員のようなもの。ワンちゃんも旦那さんもベラのことを気に入っているようだ。

CID & Bellaさん(@cidandbella)がシェアした投稿

無事に育ち、子どもまで授かることができたベラ。ブラントリーさんには鶴の恩返しならぬ、リスの恩返しとして、いいことがあるかもしれない。

参照元:Instagramthe dodoMETRO

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!