【独特】リトアニアから勝手に独立した「ウジュピス共和国」がユーモラスすぎる!

旅行

バルト三国の一つ、リトアニア。この国の首都ヴィリニュスの中に少し変わった場所がある。

なんと、リトアニアから独立した「ウジュピス」という国があるのだ!!!

リトアニアの首都にある”もう一つの国”

そんな国聞いたことないよ!と思う読者も多いだろうが、当然である。なぜなら、ウジュピスは正式な国ではない。

ウジュピスは独自の憲法・大統領・国旗を持ち、「共和国」を名乗っている。だが、1997年に勝手にリトアニアからの独立を宣言しただけで、国連からも認められていない。

ここまで聞くと、暗い独立問題の話か…?と思うかもしれないが、ウジュピスは非常にユニークで、人気の観光地である。

今回はユーモアに富んだウジュピスについて、是非お伝えしたい!

独立記念日は4月1日!

ウジュピスには昔から、一風変わったアーティストが数多く住んでいた。

彼らは暇だったのだろうか。なんと1997年に勝手に独立を宣言し、4月1日を独立記念日に制定した。エイプリルフールを記念日にするなんて、ジョーク感丸出しである。

ちなみに、通常はビザなしで”共和国”に訪れることができるが、独立記念日の4月1日のみ検問が行われる。イベントとして楽しんでいる様子が伺えるな!

町全体がアーティスティック!

芸術家が多いこの国には、町中至るところにアートが描かれている。

なかなか奇抜なものも混じっているな…

以前はお世辞にも治安が良いとは言えなかったが、近年は落ち着いている様子。珍しい観光地として人気があるのも頷けるな!

憲法がユーモアすぎる

ウジュピスが掲げている憲法は、非常に独特なものとして有名である。

例えば、

6. 人は皆、恋をする権利を有する。

16. 人は皆、幸せになる権利を有する。

と、まともなものから、

3. 人は皆、死ぬ権利を有する。だが、義務ではない。

12. 犬は、犬である権利を有する。

13. 猫は、必要なときには主人を助けなければいけないが、主人を愛する義務はない。

と非常におかしなものも存在する。憲法に動物が入ってくるって、緩すぎるでしょ!

ウジュピス憲法は39の条文から構成されているので、気になった人は是非チェックしてもらいたい。

心暖まるハッピーな国

このようにウジュピスは、非常にユーモラスたっぷりの国であった。

独立問題と聞くと、激しい運動を思い起こすかもしれないが、ここにはそのようなものはない。皆が楽しくハッピーに暮らしているだけなのだ。

なぜ彼らは独立したのか。その答えは、ウジュピス”共和国”憲法第5条に隠されているように思われる。

5. 人は皆、ユニークである権利を有する。

この国が一つのアートなのだろうか、と思う筆者であった。

撮影:edamame.編集部

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧