【宝の地図か!?】300年前に沈没した海賊「黒ひげ」の船から紙のかけらが発見される!

カルチャー

大事な資料をなくしちゃった!なんて経験をしたことがある人は少なくないだろう。そういったものに限って、後になって意外なところから出てきたりするものだ。

でも沈没した船から、しかも300年の時を経て紙のかけらが発見されたというニュースが舞い込んできたら驚きだろう。

300年前の”紙”

この紙のかけらが発見されたのは、アメリカ・ノースカロライナ州に沈む「クイーン・アンズ・リベンジ号」(アン女王の復讐号)という船だ。この船は漫画ワンピースの登場人物のモデルにもなった、海賊「黒ひげ」が使っていた船である。

クイーン・アンズ・リベンジ号は1718年に放棄され、1996年に沈没した状態で発見された。船の部品の一部は引き上げられたものの、全体はいまだに沈んだままであり、調査は続けられている。

研究チームによると、今回の調査で、船の大砲の中から16の紙のかけらが見つかった。

Exciting news! During conservation work on artifacts recovered from the wreckage of Queen Anne’s Revenge, flagship of…

NC Department of Natural & Cultural Resourcesさんの投稿 2018年1月4日(木)

こちらがその紙片である。

驚くことに、発見された紙は非常に状態がよかったという。

気になるその内容は…

ではその紙には一体何が書かれていたのだろうか?状態がよかったのなら解読できるはずだ!

もしかしたら、黒ひげが略奪したお宝を隠した場所が書かれたものだったり??

そんな妄想をした筆者だったが、その紙のかけらは「太平洋、そして世界中の航海」という、当時の本のページの一部であったそうだ。

そうか…残念…でも正直意外である。黒ひげはかなり残忍な行為をしており、読書をするような人物とは思えない。むしろ本なんて略奪しても、ビリビリに破いてしまいそうである

専門家によると、当時の海賊の被害にあった船から、本を盗まれたという記録が見つかっており、本の略奪は珍しくなかったようだ。暇つぶしのためか、それとも情報を得るためか…

クイーン・アンズ・リベンジ号には、多くの黒ひげの遺産が残されている。もしかしたら、本当にお宝の地図が発見されるかもしれない。

参照元:FacebookDepartment of Natural and Cultural ResourcesRTNATIONAL GEOGRAPHICWikipedia

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!