【人類滅亡の危機?】2月5日に小惑星が地球に急接近!NASAが「潜在的危険」と発表!!!

自然

「地球に衝突する可能性が大きく、衝突時に地球に与える影響が大きい」

太古の昔、地球を支配していた生物、恐竜。その恐竜たちが絶滅したのは、小惑星が地球に衝突したからだと考えられている。

もしかしたら我々人類も、そろそろ滅亡してしまうかもしれない。なんと、「潜在的に危険」な小惑星が2月5日に地球に接近する、とNASAが発表したのである!!!

小惑星衝突→人類滅亡?

画像はイメージです

NASAによると、「2002 AJ129」と名付けられた小惑星が、2月5日に地球から約420万キロメートルの距離に接近する。

この天体は500~1200メートルほどの大きさ。なんと、時速12万キロ以上の速さで地球に向かってくる。

これほどの大きさの天体がそんなに速いスピードで地球に衝突すると、壮絶な状況になることは免れない。人類の命運もここまでか…と思いきや!

「我々の計算によると小惑星が衝突する可能性は、ゼロ」

よくよく調べてみると、NASAは地球から約748万キロ以内に接近する小惑星を定義上、「地球に衝突する可能性が大きく、衝突時に地球に与える影響が大きい、潜在的に危険な小惑星」と分類している模様。

さらにNASAの研究者は、「我々は14年以上この天体の動きを追跡しており、軌道を正確に把握している。我々の計算によると、この小惑星が地球に衝突する可能性はゼロだ」と述べている。

なんだ、便宜上そうやって呼んでいるだけだったのか。来月小惑星が衝突して人類が滅亡する、という考えは杞憂に終わったようだ。

ちなみに、この小惑星が地球に最接近する420万キロとは、地球と月の距離の10倍以上!!!これでも接近と呼ぶとは、宇宙は本当に広いんだなぁ。

衝突はなさそうで、一安心

NASAが、「人類滅亡のお知らせ」のような発表をしたのかと思いハラハラしたが、幸運なことに取り越し苦労だったようだ。

そういえば、「杞憂」という言葉は、中国古代の杞の国の人が「天が崩れ落ちてくるのでは」と心配した、という故事からきているらしい。この杞の人が考えていたのは、まさに今回のような小惑星だったのかもしれない。

参照元:NASA

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

Haru

抽象性大好き男。できないことにしか挑戦しない、当たって砕けるタイプ。詰めが甘く成功を取りこぼすこと多々あり。自己紹介の始まりは基本「男なのに嵐好き」

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!