【大富豪の証】世界一高いナンバープレート『F1』が販売されたぞっ!その金額が異次元すぎる!

カルチャー

は?23億円のナンバープレート!?

「車は男のステイタス」だとよく言われる。

しかし中東では、車もさることながら、人気のナンバープレートを手に入れることが、大富豪のステイタスとなっている。

昨年は、11歳の少年が6億円で『7』『11』『1111』の3つのナンバープレートを購入したりするなど、とにかく異次元の世界が繰り広げられているのだ。

そんな中、世界一高いナンバープレートとも言われる『F1』がイギリスで競売にかけられたという。

その開始金額、なんと、約23億円!

Afzal Kahn 🇬🇧さん(@afzalkahn)がシェアした投稿

そう、これが23億円の車・・・ではない。
ナンバープレートだ!

いやいや、実際の開始金額は約19億円で、手数料や付加価値税などを加えるから23億円に跳ね上がってるだけで、、、

って、まったくピンとこない数字である。

競売にかけたのは、このお方!

世界の大富豪たちが、喉から手が出るほど欲しがるこのナンバープレートの持ち主は、イギリスの自動車デザイナー、アフザル・カーン氏

Afzal Kahn 🇬🇧さん(@afzalkahn)がシェアした投稿

▲写真中央がアフザル・カーン氏

カーンデザインなどの3つの企業の創業者である彼は、やはり大富豪である。

彼のインスタグラムをのぞいてみると、とにかく車、車、車!!!カーン氏の写真はほんの数枚しかなく、その控えめさに好感を抱くのは筆者だけではないはずだ。

Afzal Kahn 🇬🇧さん(@afzalkahn)がシェアした投稿

2008年に、約6900万円でカーン氏が購入したこのナンバープレート「F1」。当初は、SLRマクラーレンに付けていたが、その後、ブガッティ・ヴェイロン16.4に付けていたようだ。

その様子はコチラの動画でご覧いただこう。

その後、カーン氏のもとに「9億円で売ってくれ!」とのオファーがあったにもかかわらず、その申し入れを断ったという。6900万円が9億円になるのなら、即手放してしまいそうだが、それは庶民の考えなのか。

いずれにせよ、6900万円が23億円になるのだから、カーン氏の判断は正しかったということだろう。

参照元:InstagramYouTube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧