【不敬】自らを「神」と名乗る男のTwitterがおもしろすぎると話題に!

おもしろ

天にまします我らの父が・・・

いまや現代人にとって、Twitterはコミュニケーションや情報収集の中核をなす存在。

芸能人、政治家、学者、果てはアニメのキャラクターまで、ネコも杓子もつぶやく時代である。

そんな中、筆者はとんでもない人のツイッターアカウントを見つけてしまった。

アカウント名「God(神)」。恐れ多すぎるその名前。

しかし名前だけではなく、つぶやく内容も「これ本物の神じゃね・・・」と思ってしまうレベルなのだ。

「ニュー・セルフィー!(新しい自撮り)」というコメントとともに上げられた壮大すぎる宇宙。このシュールさに筆者は最初ついていけなかった。

しかしフォロワー数500万人という圧倒的な支持が物語るように、なんかフォローしなきゃいけない気がするアカウントなのである。

ちなみに神自らがフォローするのは敬虔なクリスチャンであるジャスティン・ビーバー1人だけである。

そんな神の豪放磊落なツイートをいくつか紹介しよう。

・アベンジャーズに嫉妬する神

マーベルの宇宙って私の宇宙より全然かっこいいよね。

映画ですから。

・とんでもないこと言っちゃう神

聖書って世界中のどんなニュースより嘘だから。

あなたがそういうのなら。

・大統領に噛み付く神

トランプ「この素晴らしい国を誇りに思う。アメリカに神の恵みあれ!」
神「ない。」

一刀両断する神。

・本気でトランプが嫌いな神

ドナルド・トランプのペニスが小さいという事実を私は知っている。お願い。みんなでリツイートして彼が返信せざるを得ない状態にしよう。

雷でも洪水でもなく、リツイートでなんとかしようとするデジタルネイティブな神。

・ホーキング博士の死を悼む神

つい数時間前、スティーブン・ホーキングが私の目の前で「私が存在しないこと」を証明してみせたよ。

ジレンマと戦う神。

・勝手にジャスティン・ビーバーをメシアにしたがる神

ジャスティン、24歳の誕生日おめでとう!磔まであと9年だね!

注:キリストは33歳で磔にされたと言われている。

・ニュースメディアの挑発的なツイートにちゃんとレスポンスする神

ニュースメディア『キリストはゲイだったのか?』
神「そうだよ。私は死んだゲイの息子を愛しているよ。」

神の無限の愛。

・Twitter公式から心配される神

Twitter公式「Godさん、ご利用のアカウントから自殺や自傷行為をほのめかす内容が投稿されたことについて、他のTwitter利用者から報告がありました。(中略)ひとりで悩まないでください。ぜひご相談ください。」
神「私のツイートって助けを求めているように見えるらしい。」

報告したの誰だよ・・・。

「神」の正体は有名なコメディ作家

このユーモア溢れる「神」の正体は、コメディ作家デイビット・ジェイバーバウム氏。過去に13ものエミー賞を受賞した凄腕である。

ツイートが始まったのは2010年。

その後デイビッド氏はツイートだけでは飽き足らず、さらに皮肉たっぷりに「神」を描いた「アクト・オブ・ゴッド」という演劇を書き上げている。

2015年にブロードウェーで上演されており、主演として「神」を演じたのは、人気コメディビッグバン・セオリーで主役シェルドン・クーパーを演じているジム・パーソンズである。

無神論者の多い日本。しかしここまで親しみやすい神様ならば、日本人も魅了されてしまうのではないだろうか。

参照元:TwitterYoutube

あなたにおすすめ