【衝撃】鼻水がひどいな…と思っていたら別の液体でした…

健康

鼻水が止まらない

鼻水が止まらない…花粉症か?それとも風邪?はたまた鼻炎??

多くの人はそんな風に考えるだろう。でも今後はもっと深刻な事態を想定する必要があるのかもしれない。

先日、長い間鼻水が止まらない女性が病院で診察を受けたところ、大規模な手術を受ける事態にまで発展した。なんと鼻水だと思っていたそれは、脳を守る脳脊髄液(のうせきずいえき)という体液だったのだ!

脳脊髄液とは、脳と脊髄の周りに存在し、衝撃を吸収するクッションのような役割を持っているものだ。

しかし、なぜそんな大切な液体が鼻から、、、

別の体液がだだ漏れ…

この症状に悩んでいたのはケンドラ・ジャクソンさん。2年半前に交通事故に遭った際に、車のダッシュボードに顔を打ちつけた。そのときから頭痛鼻水に悩まされるようになった。

「最初はアレルギーか、風邪の症状だと思っていました」と話すケンドラさん。何度か病院を訪れ、処置をしてもらうも一向に治らない。

「鼻水が滝のように流れ出ていました。十分な睡眠がとれず、まるでゾンビのような状態でした。」と当時を振り返る。

原因が判明したのは今年に入ってのこと。ある大学病院で診察を受けたところ、頭蓋骨に穴が開いていたことによって、脳脊髄液という体液が漏れていたことが判明した。脳脊髄液漏れは、頭部に強い衝撃を受けたときなどに稀に起きるらしい。

そしてケンドラさんは頭蓋骨の穴をふさぐ手術を受けた。彼女の身体から採取された脂肪組織を使って穴をふさいだらしい。手術は無事に成功。症状は改善されたそうだ。

Nebraska Medicineさんの投稿 2018年5月4日(金)

手術の様子。かなり大掛かりだ。

ケンドラさんは手術後、「もうティッシュを持ち歩かなくていいのね」と語った。

花粉症に苦しむ人の中には、鼻水が気になって眠れないという人もいるという。そんな状態がほぼ毎日続いたケンドラさんは、肉体的にも精神的にもかなり辛かっただろう。

病院に通っているけど、鼻水が止まらない…という人は一度、精密検査を受けてみることも考えて欲しい。もしかしたら、鼻水だと思っていたそれは脳脊髄液かもしれない…

参照元:FacebookCNNKETV

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧