【汚染】中国で川が真っ赤に染まり、近隣住民がおびえる!

自然

血のように真っ赤な川

今年6月、中国四川省東南部にある宜賓市(ぎひんし)の近くのジャングルを流れる川に、ある異変が起こった。

血のように真っ赤に変色した川に、近隣住民はひどく驚いたという。

原因は、工場からの塗料の流出であると見られている。

繰り返される「赤い川」問題

実は、中国で赤い川が目撃されたのは今回だけではない。

2011年には、治安川が真っ赤に染まり話題になった。近くの化学工場による不法投棄が原因であると言われている。CNNの報道によると、赤い染料は、プラスチックバッグや花火の包装に利用されるものだという。

その1年後、今度は長江の支流が赤く染まった。このときは、当初「富栄養化によるもの」との見方がされたが、最終的には「産業汚染が原因であることを否定できない」との結果になった。

さらに2年後の2014年には、温州の川が真っ赤に。この川は着色料の会社や製紙会社、衣服製造会社とつながっており、それらの不法投棄が原因であると言われている。

そして2017年にも、江西省の川が赤く染まった。

2014年、真っ赤に染まった温州の川

edamame.では過去に、イギリスの川が産廃カレーで汚染されたニュースを紹介したことがある。

何度繰り返されようとも、大きな川が汚染された姿は、常に衝撃的である。

参照元:Twitter[1][2]IFLScienceCNN

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

yamada

専門知識があるように見せかけて実はそうでもない博士課程中退者。 好きなものはカフェイン、アルコール、カプサイシン。

この人が書いた記事記事一覧