【火星大接近】今夜7月31日に地球に最接近!南東の低い位置に注目!

自然

15年振りの火星大接近を見逃すな!

みなさん、夜空見上げてますか?どうも、edamame.の福井です。

さて、先日の皆既月食に続き、天体ニュースが相次いでいる。

今度は火星が地球に大接近なのである。

とはいっても火星の地球への接近はすでに6月下旬ころから始まっていて、9月の上旬まで続き、観測しやすくなっているということで、本日だけのイベントではない。

ただ地球と火星の距離が一番小さくなるのが本日7月31日なのだ!

その距離は、5,759万キロメートルで、2003年以来、15年振りの大接近となる。

この動画で、地球と火星、それぞれの公転の軌道が異なっているので、接近したり離れたりすることがよく分かる。

東京では夜9時ころ南東の低い位置に赤く明るく火星が観測できるようだ。

9月上旬まで、火星は比較的明るく観測しやすい状況なので、天気が良い日は夜空を見上げてみよう!

参照元:国立天文台Youtube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

福井よしお

1977年生まれ。魚をキレイに食べます。趣味は育毛。ばかばかしいニュースから、為になるニュースまで、基本軽いタッチでお届け致します。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!