【百年戦争か!?】漁師たちが領海をめぐり激突!英仏ホタテ戦争が勃発!!

グルメ

ホタテをとられまくりフランス漁師ブチギレ!

何処の国でも漁師による領海侵犯はおこりえる問題だが、今回争い合ったのは・・・なんとイギリスとフランスの漁師

やたらと仲の悪さが取りだたされる国ではあるが、揉みあいの火種となったのは、英仏海峡で採れる新鮮なホタテであった。

8月27日、フランスのセーヌ川河口からおよそ22キロの沖で、フランスとイギリスの漁船40隻が激突するホタテバトルが勃発。

この海域はホタテが豊富に採れる場所。5年前から、イギリス側の漁師は大型漁船を使用しない代わりに、自由な漁が許されている。

一方フランス側の漁師は、大型漁船は許可されるが、10月から翌年5月15日までは禁漁期間とされていた。これにより「イギリスの漁師にホタテを奪われる!」と不満を募らせていたのである。

27日午前2時ごろ、フランス側漁師はイギリスに抗議するため、35隻の小型船が出撃

沖でホタテ漁をしていたイギリスの船5隻に向かって衝突して石や金具を投げ込んだり、発煙筒を打ち上げたりなど、荒々しい戦いが繰り広げられた。

・・・・・・・・・・・

こうした争いは近頃多く確認されており、イギリスの漁業団体の会長は「我々はイギリス政府に対し、海軍による漁師の保護を求めます。」と明かしている。

フランス政府はこの事件の怪我人はいなかったと発表しているが、「非常に危険な行為である」と漁師らに対し非難している。

やはり漁師さんというのはパワーが必要な仕事なだけあり、荒々しい人が多いようだ。両国の対話によって、早期の解決を目指してほしいものである。

 

参照元:YoutubeNY times

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!