【垣根を越えて】巨大なゴリラと小さな動物が出会った結果→めっちゃ仲良くなりました。

動物

体の大きなゴリラ。そして、ガラゴという小さな猿の仲間。そんな正反対ともいえる動物たちの交流の様子が記録されていた。

大きな動物と小さな動物の出会い

エイプ・アクション・アフリカという団体は1966年から、ゴリラやチンパンジーといった動物を中心に、保護・保全活動を行っている。

ボボというゴリラも団体に保護された動物の1頭だ。

ある日の朝、いつものように管理者の1人が様子を見に行くと、ボボの近くには小さな動物がいた。

その動物はガラゴ。猿の一種で、ゴリラの手の平よりもはるかに小さい。ゴリラもうっかりすると踏み潰してしまうほどだ。

そんな彼らが出会ったとき、一体どうなるのだろうか。

その様子がこちらだ。

めっちゃ優しく遊んでる…!

垣根を越えた友達

ガラゴはボボのことを怖がるそぶりをまったく見せず、ボボはそんなガラゴを傷つけないように遊んでいる。他のゴリラも興味津々だ。

彼らはこのまま2時間ほど一緒に遊び、最終的にはボボがガラゴを木に戻したそうだ。

生物の垣根を越え、友達となったボボとガラゴ。また出会うようなことがあれば、もっと仲良くなるに違いない。

参照元:Facebookbored panda

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!