【超絶技巧】台湾の街角で11歳の男の子が弾くウクレレの音色が激アツ&ソウルフル!

アート

美しい音色と超絶技巧を11歳が披露

台湾・台北の公園に、近頃素晴らしい音色を奏でるウクレレ演奏者が現れたという。

その名も、フェン・ヤオヤオ。わずか11歳の男の子でありながら、彼の超絶技巧によって数多くのネットユーザーが虜になっている。

フェンくんのソウルフルな技をご覧あれ!!

うおぉぉ~~~っ!!ハンパなくかっこえぇ~~~っ!!!

通行人がパワフルな音色と、フェンくんの可愛くてカッコイイ姿にくぎ付けだ。卓越した技だけではなく、彼の姿からは音楽への深い愛が伝わってくる!

彼が演奏しているのは、伝説のギタリスト、メーソン・ウィリアムスが1968年に発表した「Classical gas」という曲。原曲よりかなりアップテンポに仕立て上げられているが、ウクレレの魅力を余すことなく発揮しているぞ。

後の地元メディアの取材によると、フェンくんは独学でウクレレを始めてから、わずか数年でここまでの技術を手に入れたのだという。

下の動画では、アナと雪の女王の「Let it go」をアレンジしている。

お母さんによると、将来フェンくんは、英ロンドンのコヴェント・ガーデンでストリートショーをすることが夢なのだそう。

ここはロンドンで唯一ストリートパフォーマンスが許されている場所であり、多くの大道芸人や音楽家が集結する文化の聖地だ。彼がここで演奏したら、大きな注目を浴びるに違いない。

まだ人前で弾ける曲は少ないそうだが、これからもモリモリ練習して、素晴らしいギタリストに成長することを願うばかりだ。

もっとフェンくんの曲を聞きたいという方は、下のリンクからフェイスブックページにアクセスしてみてほしい!

 

参照元:Daily MotionFacebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

氷をぼりぼりたべるのがだ~いすきな異食症のキタキツネです。ツイッターでは日本一下品かつ雑にニュースをアップしています。写真はTinderで出会った蔵王きつね村に在住の子です。

この人が書いた記事記事一覧