【大事故寸前】10トンの重量制限がある橋に約16トンのバスが渡ろうとする恐ろしい瞬間

カルチャー

重さで橋がグニャリと曲がる

バスの運転は一歩間違えればたくさんの死傷者を出す大事故へとつながる。だというのに、今回のバスの運転手は、6トン以上も重量オーバーしているバスで橋を渡るという無謀な試みをしたのである。

その瞬間がネット上にアップロードされると、恐ろしい光景によって大きく拡散することとなった。

この映像は、10月13日にアメリカ・アーカンソー州ビーバーで撮られたもの。この橋は「ビーバー橋」と呼ばれる1943年に建設された歴史的建造物である。

この橋は、最大重量は10トンまでに制限されていたというが、なんと 約16トンもの民間バスが無理やり渡ろうとしたのである。

すぐ近くに警告する看板が立てられていたというのに運転手は無視。しかも、動画に映っているバスは2台目だったという。

橋げたがミリミリと沈み込み、今にも崩れ落ちそうな危うさが伝わってくる。手前の車がクラクションを鳴らして警告するも、なおも無視してバスは進み続けていった。

この光景がSNS上にアップされると、94万回以上も再生されることとなり、多くの人に衝撃を与えた。

これを受け、アーカンソー州地方運輸局はツイッター上にて、10月15日にビーバー橋を閉鎖して点検を実施したとツイート。

バスが通ったことによる異常は見つからなかったと報告をし、現在も通常通り解放している。

重量制限さえ守れば問題なく使用できるということなのだろうが、また動画のようなバスが無理のある通り方をしないことを願うばかりである・・・。

 

参照元:YoutubeTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

氷をぼりぼりたべるのがだ~いすきな異食症のキタキツネです。ツイッターでは日本一下品かつ雑にニュースをアップしています。写真はTinderで出会った蔵王きつね村に在住の子です。

この人が書いた記事記事一覧