【なんじゃこりゃあ…】アメリカで赤と緑に染まったバイカラーの湖が激撮される!!

自然

世界には不思議な景色が数多く存在する。今回は、ちょっと変わったを紹介しよう。

アメリカ・ユタ州で撮影されたその湖は、一風変わった特徴を持っている。なんと、南と北で色が異なるというのだ。

色が違う湖

想像もつかない…という人は、是非こちらの動画をご覧いただきたい。

ちょっと色の濃さが違うとかそういうレベルじゃない。という全く違う色に分かれている。

原因は微生物

貨物列車が走っている場所を境にして、色が変わっているこの湖は、グレートソルト湖という塩水湖だ。列車が走っているのは土を盛って人工的に作ったもの。色が変わっていても、れっきとした1つの湖である。

では、この色の違いの原因は一体何なのか?ユタ大学の研究所によると、生息している微生物の種類の違いがその原因だそうだ。

湖の北の部分では、赤色の微生物が生息しており、夏から秋にかけて繁殖する。逆に南の部分は、緑色の微生物が生息しており、こちらは春先に繁殖するそうだ。

先ほどの動画は、ドローン撮影家のジャスティン・マクファーランドさんが今年の9月に撮影したものなので、赤い部分がかなり鮮明に映っていたということだ。

なかなか珍しい湖で、多くの人がこの光景に驚いたとコメントを寄せている。

思わず目を奪われる湖だ。今度は、春に鮮やかな緑色に染まった様子を見てみたい。

参照元:YOUTUBEユタ大学Deseret News

あなたにおすすめ