【超クール…】法廷から被告が逃亡!⇒裁判官「やれやれ…」ローブをファサッ

おもしろ

犯人を自ら追跡する世界一カッコいい裁判官!

犯人を体を貼って捕まえたりするのは警察官であるのに対し、裁判官にパワフルなイメージは持ちづらいだろう。日本だと、六法全書を片手にメガネをかけたおじさん…みたいな。

しかし、今回大活躍する裁判官さんは超クール。なんと、法廷から逃げようとする被告を自ら追跡したのである!!

コチラがその当時の映像だ。

この映像は、米ワシントン州チェーホールズにある裁判所の監視カメラがとらえたもの。

裁判を受けていた被告のタナー・ジェイコブソン(22)と、コーデイ・ホワード(28)は手錠をされていたが、判決を待たずに法廷からいきなり逃げだしたのである。

普通の人が犯罪者を追いかけるのは非常に危険で、どの人も立ち尽くすばかり。警備員もいない中、立ち上がったのはR.W.バザード裁判官だった。法曹の正装であるローブをファサッ・・・と脱ぎ去ると、単独で追跡開始!

法廷は当時4階にあったとのことだが、二人は手錠をしたまま非常階段を駆け下りる。途中で転んだりしてはいるが、元気な若者二人に追いつくなんて相当な体力である。

そしてやがて、靴が脱げ裸足になっていたホワード被告を捕獲。残るジェイコブソン被告も後から捕まり、2人は第2級の逃走の罪で再び起訴されることとなった。

駆けつけた保安官は、地元紙デイリークロニクルに対し、「こんなことはいままで起きたことがない」と語っていたとのこと。

裁判官も正義の心に突き動かされて思わず体が動いたのだろう。裁判所もこうしたリスクに備え警備員を増やすべきかもしれない。

 

参照元:Facebook 

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

氷をぼりぼりたべるのがだ~いすきな異食症のキタキツネです。ツイッターでは日本一下品かつ雑にニュースをアップしています。写真はTinderで出会った蔵王きつね村に在住の子です。

この人が書いた記事記事一覧