【聖人、ゲットだぜ!】バチカン市国が聖人を集めるポケモンGoならぬ「イエスキリストGo」をリリース!!

おもしろ

不謹慎じゃないの!?

アメリカを中心に世界各国で人気を集めている「ポケモンGO」。このゲームを思いっきりパクったと見られるパチモンアプリが現れた。

その名も、「Follow JC Go(イエスキリストGo)」!ポケモンを集めるのではなく、その辺にいる歴史上の聖人を集めまくるゲームである。

日本人の感覚では不謹慎極まりないもののように思えるが、なんとローマ教皇のお墨付きも貰っているというので驚きだ。

こちらがそのプレイ画面。訴えられたら確実に負けるレベルでポケモンGoそっくりである。

制作をしているのは、米マイアミとホンデュラスを拠点とする、カトリック教徒の団体”ラモン・ペイン財団”。

アプリを開いて街を歩くと、ピカチュウやポッポが出てくる代わりに聖人が出てくる。自分のアバターを作ると、パンや水、銀貨などを拾いながら、キリスト教の聖人たちを探して伝導チームに加えるのだ。

教会の近くを通ればアラートがなってお祈りを勧めたり、病院の近くを通ると寄付を募るなど、ポケモンGoとは一味違ったキリスト教っぽいゲームが楽しめるのである。

とはいえ、実際に存在した歴史上の聖人を使うので、倫理的に問題がありそうな感じがあるが・・・なんと、ローマ教皇庁はこれに許可を下したのである!

その理由は、キリスト教の歴史に親しみやすい、新しい伝導の形をとっているからとのこと。聖書を読むよりも、ゲームで始めたほうが今の若者には最適な形なのだろう。

ラモン・ペイン財団によると、ローマ教皇自身もすでにプレイ済みとのこと。

カトリック系メディアの取材において、同財団のリカルド・グルゾナ氏はこのように語っていた。

「教皇はテクノロジーにあまり詳しくはありませんが、畏敬の念を抱いておられます。このアイデアを知られたとき、「技術と伝導が結びついたんですね」と話しておられました。」

教皇の許可が入っているということは、時代に即したクオリティに出来上がっていることだろう。イタリアに行かれた際には是非ともダウンロードしてみてはいかがだろうか。

評価は微妙

10月19日にリリースしてから、現在スペイン語のみ対応しているというが、数週間のうちに英語版、イタリア語版、ポルトガル語版も配信する予定とのこと。

しかし、立派な方々に認定してもらっているとはいえ、ここまでポケモンGoにそっくりだとなかなか受け入れられづらい模様。残念ながら、Googleストアの評価は☆3.2にとどまっているようだ。

アプリのレビュー欄には厳しい声が多く、「異教徒を燃やし尽くすゲームだと思ってたのに全然違ったわ!」といったコメントが多く寄せられていた。

 

参照元:YoutubeMeduza

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

氷をぼりぼりたべるのがだ~いすきな異食症のキタキツネです。ツイッターでは日本一下品かつ雑にニュースをアップしています。写真はTinderで出会った蔵王きつね村に在住の子です。

この人が書いた記事記事一覧