【本物じゃないわよ】ハロウィンで仮装したらキバがとれなくなって歯医者に助けを求めた女性が話題に!

健康

ミスって歯が取れなくなった女性

みんなを驚かせてお菓子がもらえるハロウィンは楽しいだけではなく、アメリカでは一番大変な日でもあるという。

米メディアCNNによると、人々が飾り付けやコスプレの途中、怪我をする確率が跳ね上がる時期でもあるとのこと。

今回紹介する女性もまた、気合を入れてゾンビの仮装をしたようだが・・・なんと、つけていたギザギザの歯が取れなくなってしまったのだ。

これにより、女性は恥ずかしい思いをしながら歯医者さんに駆け込んだという。

10月26日金曜日、米アラバマ州にお住まいのアナ・テューさんは、ハロウィンに向けて本格的なゾンビのコスプレをしていたという。

そこで、ちょっとチープな330円(3ドル)の悪魔の歯を、同封されていた接着剤で取り付けた。ギザギザで血の付いた偽歯は、恐怖を演出するのにピッタリであったそうだ。

その歯を一晩中つけてパーティを楽しんだ後、午前2時ごろに帰宅して外そうとしたようだが・・・ガチガチにくっついて取れなくなってしまっていたのである。

そのまま数時間にわたって歯を取ろうと頑張ったものの、とる事が出来ず苦戦。無理やり取ろうとしたら、本物の歯まで取れてしまいそうで不安になってしまったという。

歯に痛みがではじめてきたうえに、説明書に書いてあった取り方も役に立たず、最終的に緊急病院に助けを求めた。

こうして、居合わせた歯科医にようやく取り外してもらえたとのこと。

大変な目にあった彼女であったが、特に怪我もなかったそう。私たちも、もしコスプレをするときには気を付けて使用し、くれぐれも病院に駆け込むような恥ずかしい思いをしないよう努めたいものだ・・・。

 

参照元:Facebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!