【争奪戦】飼い主に捨てられた柴犬を中国地方裁判所がオークションに出品→すでに2000人が殺到!

動物

地方裁判所の決断で犬をオークションに出品

まずは中国北京に住む、こちらのかわいい柴犬デンデンをご覧いただこう。

4歳になるデンデンは、約3年前に動物愛護センターに連れられてきたという。

飼い主は1年間の一時預かりという契約を結んだというが、2015年に契約が終了してもセンターに姿をあらわすことはなかった。

2017年、センターは地方裁判所に出向き、不当契約として飼い主を訴えたのだが、裁判所も飼い主の消息をつかむことができなかったのである。

これ以上無償で柴犬を預かることはできない、しかし飼い主は消息不明。苦渋の決断を迫られた裁判所が下した結論は、柴犬を動産としてオークションに出品するということだった。

デンデンのオークションは、11月10日に72ドル(約8,100円)から開始予定となっているが、すでに2000人以上が手付金を払っている状態だといい、デンデンの人気ぶりがうかがえる。

当日は多くの人からの入札が予想されるが、大切にしてくれる家族と出会えることを願いたい。

参照元:YouTube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!