開店してすぐに完売してしまうドーナツ屋さん、その理由が涙なしには聞けないと話題に!

カルチャー

早急に店を閉めて奥さんの看病を

米カリフォルニア州シールビーチにひっそりと佇む小さなドーナツ屋「ドーナツシティー」

近隣には大手ドーナツチェーンなど競合店がたくさんあるにもかかわらず、ここ数週間ドーナツシティーの店内に並ぶ商品は午前中で売り切れになるという。

そこには地元の人たちのあたたかい心遣いがあったようだ。


1979年に、ベトナムから難民としてアメリカにやってきた、ジョンさんとステラさん夫妻。これまで30年間、夫婦でドーナツ屋を切り盛りしてやってきたのだが、最近になってステラさんが動脈瘤の緊急手術をうけ、看護施設に入所することとなった。

本来ならば、愛する妻の傍でつきっきりで看病をしたいが、生活のために商品が売切れるまで店頭に立たなければならないジョンさん。

そんな夫婦の事情を知った常連客たちは、少しでも早くドーナツを完売させることで、ジョンさんが店を閉めてステラさんのもとへ行けるように「早い時間帯に購入しよう」「そして購入するなら箱買いしよう」とSNSで呼びかけたのだ。

地域住民たちの連携と思い

その結果、午前10時にドーナツが完売になる日もあったという。
ジョンさんは地域住民たちに対して「本当に感謝しています。みんなあたたかい。」と言葉を詰まらせている。

実は、当初常連客たちはジョンさん夫妻のために寄付金サイトで募金を集めようと発案したという。しかし、ジョンさんは「今必要なのはお金ではなく時間なんです。」と資金援助を断ったようだ。

そして、それが今回の行動につながり、地域住民たちの連携が大きな話題を呼ぶこととなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現代社会において、人や地域とのつながりは希薄になりつつあるが、やはり助け合える相手がいるということは心強く、そして何よりもあたたかい。

ジョンさん夫妻がこの30年間で築き上げたものは、ビジネスだけではなく地元住民たちとの深い関係性だったことは間違いないだろう。

ステラさんの症状は日々回復しており、会話をしたり書くこともできるようになっているという。また、夫婦揃って働く姿をみれる日も近そうだ。

参照元;YouTubeTwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!