【離婚パーティー】自らの手でウェディングドレスを爆発させた女性が話題に!

トレンド

ドレスは「ウソの象徴」

人生には様々なイベントがあるが、そのすべてが素晴らしいものであるとは限らない。苦しみや葛藤を伴いながら行う決断もある。

アメリカ・テキサス州に住むキンバリーさん(43)は、先日14年におよぶ結婚生活に終止符を打った。離婚が成立したのである。

一度は「生涯を共にする」と誓った人との別れ。しばらくは一人寂しくウイスキーでもあおり、感傷に浸る日々が続きそうなものである。

しかしキンバリーさんは違った。離婚が成立した翌日、友人や家族を呼んで「離婚パーティー」を開催。最終的に自身のウェディングドレスを文字通り爆発させたのだ。

ドレスを爆発物に巻きつけ、180mほどはなれた場所からキンバリーさんがライフルで射撃したそうだ。激しい爆発が起こった瞬間、パーティーに集まっていた友人達の盛り上がりは最高潮となった。

「もう最高だったわ!私が想像していたよりも大きな爆発で、音もすごかった」キンバリーさんはメディアの取材にそう語っている。

最初、周囲の人からは「ドレスを寄付するよう」提案されていたキンバリーさん。しかし、キンバリーさんにとってドレスは「ウソの象徴」であり、射撃して爆発させることがカタルシスに繋がると考えたのだそう。

キンバリーさんは語る。

「この引き金を引くことは自由よ。これですべてが終わったわ」

参照元:Twitter[1][2][3]

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

yamada

名乗るほどの者ではございません。ほとんど惰性で生きてます。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!