【禁じられた遊び】条例で禁止された「雪合戦」が9歳の少年によって合法化されたと話題に!

カルチャー

雪が降ったらやることといえば…

子どものころは雪が降ったというだけで、ムダにテンションが上がったという人は筆者だけではないだろう。

雪だるまかまくらを作ったり、雪合戦をしたり。特に、年に数回しか雪が降らないという地域では、それはもうここぞとばかりに雪を堪能する。もっとも、雪が数十センチ積もるというような、雪国に住んでいる人はそんなこともいっていられないだろうが。

しかし悲しいことに、アメリカのコロラド州では雪合戦が条例で禁止されているそうだ。

雪合戦が違法行為

雪合戦禁止条例とはいったものの、雪合戦そのものを禁止するという目的ではない。飛び道具を投げることを禁止する条例の一環として、雪玉を投げるのも禁止されていたということである。しかも、この条例は制定されてから100年近く改正されることがなかった。

そこで立ち上がったのが、同州に住む9歳のデーン・ベスト君だ。

「子どもたちは合法的に雪合戦をしたい」そんな思いを胸に秘め、評議会に条例の改正を求めた。

ベスト君は雪合戦を通じて外で遊ぶことで、肥満や精神的な病気を防ぐことができる主張し、100年前の条例を時代錯誤だと指摘。9歳とは思えない物言いだったという。

ベスト君の理路整然とした主張に、評議会も満場一致で条例改正に賛成。見事、コロラド州での雪合戦は合法化された。

9歳にして州の条例を改正してしまうほど、口が立つベスト君。将来は弁護士や検察になっているかも?

▲評議会で話すベスト君(一、二枚目)

参照元:TwitterThe New York TimesCBS Denver

あなたにおすすめ