【勝手にパーティ】年越しと同時に出産する妊婦さんの周りでスタッフが無許可で大はしゃぎ!!!

事件

勝手に盛り上がって妊婦さんブチギレ!

出産は素晴らしい瞬間である。みな、祝福を贈るだろう。

しかし、妊婦さんの許可をとらずに、度を超したお祝いをするのは、いかがなものだろうか。

2018年から、2019年になろうとする大晦日の夜。グアテマラ首都にある病院にて、1人の妊婦さんが出産を迎えていた。

一年の始まりと同時に赤ちゃんが誕生するなんて、なんともおめでたい話である。

しかし、問題となったのはその時のスタッフの行動。なんと妊婦さんに許可をとらずに、勝手に分娩室内でパーティを始めたのだ!

動画内ではカウントダウンが行われ、大きな声が響き渡る。真ん中で苦しんでいる母親をよそに、スタッフは浮かれた帽子をかぶり、歌ったり踊ったりしているではないか。

そして0になった瞬間、赤ちゃんが取り上げられると、母親そっちのけで大歓声があがる。

一見楽しげな瞬間にみえるが、地元紙によると、このパーティは無許可で行われており、母親は強い不快感を示していたという。

この動画を病院スタッフがフェイスブックにアップすると、瞬く間に拡散。「母親に対する侮辱」「産婦人科による性的虐待だ」といった批判のコメントが多く寄せられ、すぐさま動画は削除されることとなった。

一方で、「グアテマラには1月1日に出産すると、一年分のオムツとミルクがプレゼントされる制度がある。」というコメントも散見された。他の病院では、メディアの取材や、家のプレゼントもあるのだとか。

そのため、お金がない母親のなかには、この瞬間を狙って出産する人も少なくないそう。

おそらく病院のスタッフたちは、良かれと思ってサプライズパーティを行ったのかもしれない。

赤ちゃんが無事に生まれたのは嬉しいだろうが、その瞬間を勝手におもちゃにするのはいかがなものか・・・。

 

参照元:20 minutostwitter

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!