【バレンタイン】動物園で憎い奴の名をゴキブリにつけ動物の餌にできる企画が開催!

動物

ミーアキャットの餌募集中

元彼、元カノ、元夫、元妻、元友達・・・縁が切れてしまった人の中には、どうしようもなく憎い人がいるのではないだろうか。

そんな憎しみパワーを持つ人が楽しめるという餌やり企画が、米テキサス州にある動物園で始まろうとしている。

その名前は、「Quit Bugging Me!!!(私をイライラさせるのやめて!)」。bugのイライラさせるという意味と、虫という意味にかけて付けられたイベントだ。

新設したのは、テキサス州のエル・パソ動物園。ここではバレンタインデーにあわせ、あなたの元〇〇の名前をゴキブリにつけて動物たちに食べてもらおう!というイベントが開始したという。

参加は簡単。動物園のダイレクトメールに嫌いなやつの名前を送信すれば参加できる。

2月11日から命名されたゴキブリとイニシャルを順次発表し、14日のバレンタインデー当日に食べている光景を生放送する予定となっている。

▲エル・パソ動物園のミーアキャット

当初はミーアキャットの企画だったようだが、応募殺到につき、猿の仲間であるワタボウシタマリンやゴールデンライオンタマリン、マーモセットのケージでも開催されることとなったそう。それだけみんな憎しみを抱えているということである。

イベント開催にあたり、米メディア”KFOX14″がエルパソ動物園に直撃したところ、イベントプランナーのサラ・ボレゴさんはこのように語っていたという。

「日々の生活をより豊かにしてもらうことで、動物園のコミュニティに参加してもらえる面白い方法ですよ。
ミーアキャットはゴキブリをおやつとして食べるのが大好きですし、ただ普通にバレンタインデーを祝うよりかは、元カノや元彼の名前をつけて食べさせた方が楽しいですからね。

スタッフの中にフられた人でもいたのではと若干心配になるが、多くの人の心を掴んだということでイベントは大成功だろう。

投稿のコメント欄には、「二人分送りました!」「フルネームのせてもいいんだよ?」「ミーアキャットのウンチにも元嫁の名前つけます」と盛り上がる声のほか、「面白すぎる!一匹あたり5ドル送りたいから募金箱つくって〜!」といった支援させてほしいとの声も非常に多かった。

嫌いなやつを想像しながら、可愛い動物たちが元気いっぱいに食べている姿を見れば・・・あなたの心も癒されることだろう。

フェイスブックから送ることができるので、日本在住のあなたも参加できる。「ミーアキャットに食われちまえ!」と言いたい人間が頭に浮かんだ方は、下のリンクからダイレクトメッセージを送ってみてほしい。

 

参照元:Facebook

あなたにおすすめ