【危険】妊娠中の女性がタイ古式マッサージを受け意識不明に。流産後半年で死亡する

健康

タイ古式マッサージを受け意識不明に?

ハードな痛みが襲うが、高い効果で人気を集めるタイ古式マッサージ。タイのみならず世界中にお店が存在するが、このマッサージを受けてた後に、ある女性が亡くなってしまった。

亡くなったのは、タイ国内でモデルやダンサーとして活動していたウィラワン・ケドケスリさん。彼女は今年1月11日、チェンマイ市内にあるマッサージ店を訪れた。

のちの調査で、当時25歳だったウィラワンさんは妊娠していたというが、問診票には「妊娠中であるか」を確認する項目はなかったことが判明している。

しかし足のマッサージの施術中、突如意識不明に。近隣の病院に緊急搬送されるも、救急車の中で彼女は脳卒中と心停止を起こし、お腹の子は流れてしまったという。

緊急治療室で治療を受けるも、半年間にわたり昏睡状態に陥り、5歳の息子と母親に見守られながら、生命維持装置によって半年間生き延びていた。

こうして先週、彼女の叔父が「回復の兆しがなく、目覚める見込みもない」と判断。7月19日の金曜日に生命維持装置が切られ彼女はこの世を去った。医師によると、死因は虚血性脳卒中による脳死と診断されている。

叔父のチャイワットさんは記者に対し、「流産後、ウィラワンは6ヶ月にわたり意識を回復しませんでした。非常に苦しい決断でしたが、彼女には平穏がもどってきたことでしょう。」と語った。

その後の地元紙の報道によると、地元プー・ピン・パレス警察の職員は、当時施術していたマッサージ師を刑事告発する方針を示している。警察は、「妊娠中の女性へのマッサージは健康上のリスクを伴う為、施術をすべきではない。」と述べた。

現在、警察は告訴に向け、証拠となるカルテを収集しているという。

警察は1月の問題発生当時、マッサージ店と家族の個人的な紛争として起訴を見送ったというが、事態の深刻さから2月に捜査を開始したという。

タイ伝統医学に詳しい専門家、マルト・ジッチェドシリさんは、「妊婦へのマッサージは、免許を持った専門のマッサージ師のみが行うべきです。本来、タイの伝統的なマッサージは妊婦の体にとって有効なものです。乳児を適切な姿勢に保ち、出産を楽にする作用があります。」と語った。

参照元:The sunFacebook

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

手羽先

可愛い動物だけでなく、オフビートでシニカルな笑いをお届けできればと思います!

この人が書いた記事記事一覧