【最先端警備で遺跡を守れ!】古代都市ポンペイを不法侵入者から守るのは”ドローン”と”四足歩行ロボ”

テクノロジー

     

イタリア・ナポリ近郊の古代都市ポンペイは、ユネスコ世界遺産に登録されている貴重な遺跡である。
この遺跡のパトロールにドローンと4足歩行ロボ「Spot」が使われており、最新技術の見事な活用例として、今月2日ニュースで取り上げられている。早速ご覧頂きたい。

四足歩行ロボット「Spot」は米国に本拠を置くロボット企業Boston Dynamics社が発明したもの。
このロボットはポンペイの遺跡を昼夜問わずパトロールし、不法侵入者に目を光らせている。また、遺跡の構造的な健全性についてのチェックとデータ収集もドローンと連動して行っているそうだ。

ポンペイは約2,000年前の西暦79年、近くのヴェスヴィオ山の大噴火によって、一夜にして灰に埋もれてしまった街であり、その範囲はかなりの広さだ。この古代都市遺跡の警備及び保全のためにロボットを活用する、というのはかなり的を得たアイディアのように思える。

edamame.でも過去にこの「Spot」の記事は何度かご報告させていただいている。ただ、犬型ロボにリードをつけて散歩してた女性が職質にあう!?【野良ロボ!?】カナダの道端でボストンダイナミクスのロボ「Spot」がひとりでに歩いてた!?、等の内容であった。
今回の内容はついに実戦に投入開始!といったもので感慨深い。

日本の古都京都や鎌倉などの寺社群にも、いずれはこのような警備ロボが闊歩する時代がくるのだろうか?
見てみたいような、見てみたくないような複雑な心境である。

参照元:Youtube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧