人体の不思議!事故で昏睡に陥ったインド人女性が7ヶ月後、昏睡状態のまま女児を出産した

事件

     

意識不明の女性が出産!

7ヶ月間意識不明だった女性が、インド・デリーにある全インド医科大学(All India Institute of Medical Sciences以下、AIIMS)で”昏睡状態のまま”女児を出産した。

女性は頭に重傷を負って昏睡状態に陥った。事故当時、女性は妊娠40日目だったという。このニュースは週刊誌INDIA Todayなどが10月30日に報じ、世界に驚きを与えた。

この女性は23歳で、名はシャフィーヤという。4月1日に事故で頭部に重傷を負い、AIIMSに運び込まれた。シャフィーヤさんは事故当時、妊娠40日目だった。入院後4回もの神経外科手術が施されたが、昏睡状態から脱することはなかった。

そのまま事故から約7ヶ月が経過した後、10月22日にシャフィーヤさんは子供を出産したという。

家族の同意を得て出産に至る

シャフィーヤさんが入院してから4ヶ月後、妊娠18週目に病院が行った超音波検査で赤ちゃんは健康であることが確認された。

「母親がまだ意識不明であることから、妊娠第1期と第2期には妊娠を中止すべきか、継続すべきか、多くの議論がなされました。レベル2の超音波検査で胎児に先天性異常が見られなかったため、医療チームは家族に妊娠を継続する選択肢も提案した。」

と同病院の主治医グプタ医師は述べている。
シャフィーヤさんの体調を考慮し、妊娠を中止するかどうかの判断は家族に任された。その後、家族は妊娠を継続することを決定した。病院は総力を挙げてこの出産のフォローを行ったという。

グプタ医師は、
「極めて珍しいケースだ。私の22年間のAIIMSでの脳神経外科医生活の中でこのようなケースに出会ったことはありません」
と付け加えて述べた。

出産後もシャフィーヤさんの意識は戻っていない。グプタ医師によるとシャフィーヤさんが意識を取り戻す可能性は10〜15%だという。

2020年4月、当サイトedamame.では”コロナ重症化の妊婦が昏睡状態の間に元気な赤ちゃんを出産!→ママの症状も回復”という記事をお届けしている。今回の件とはかなり状況は異なっているものの、このように明るい方向へ事が進むことを祈りたいところだ。

参照元:INDIA TodayYoutube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧