帝王切開で出産したチンパンジーのお母さんが初めて我が子と対面する映像に感動の声!

カルチャー

     

アメリカ・中西部カンザス州にあるセジウィック郡動物園。ここのチンパンジー”マハレ”が帝王切開出産の2日後に自身の赤ちゃん”クシェザ”と初めて対面する瞬間の映像が人気だ。この映像は今月18日に公開され、現時点ですでに20万回近くの再生数を記録している。感動の対面の瞬間、ご覧いただきたい。

チンパンジー”マハレ”は自然分娩の進行が止まった後、緊急の帝王切開で出産した。無事産まれた”クチェザ”ちゃん(スワヒリ語で「遊び」を意味する)は出生後にうまく呼吸ができなかったため、母親と離され動物園の医療チームとともに病院に滞在する必要があった。2日後、クチェザちゃんは無事退院し、動物園に戻り母チンパンジー”マハレ”との対面となった。

映像は、マハレが青い布にくるまれた我が子、クチェザちゃんと少し距離を取って座っているところから始まる。不審げに青い布をのぞき込むマハレ。しかし、青い布からクチェザちゃんの小さな手が伸びた瞬間、マハレは全てを理解した。素早く駆け寄り、我が子に手を差し伸べ、大きな胸に引き寄せ、そして抱きしめた。

映像のコメントには「どんな種であっても母は偉大だ」「とても心温まる瞬間だ。赤ちゃんが手を差し伸べた瞬間、お母さんは赤ちゃんを抱きしめた」「とても心温まる素晴らしいビデオ。5〜6回見てしまいました」「お母さんは、赤ちゃんが動くまで死んで横たわっていると思ったのかしら。良かった。とても幸せで甘い瞬間」等々、その愛情あふれる映像に絶賛の嵐だ。

コメントにある通りだが、母と子の愛情は種を問わず存在し、その献身的な愛情は多くの人の心を打つようだ。
当サイトedamame.では他にも、子供に駆け寄る母“ナマケモノ”の動きが意外に早くて感動的!!、や動物園に来た親子に寄り添い優しく見守るオランウータン等、母と子の愛情をテーマにした記事があるので是非ご覧頂きたい。

TheGuardianYoutube

あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

ひろしげ

海外渡航経験はハワイ、イギリス、ニュージーランド。大陸に憧れと恐れを抱く典型的島国の人です。趣味は大仏巡り。牛久大仏を擁する茨城県が魅力度ランキング最下位というのは納得できない。

この人が書いた記事記事一覧