【簡単だと思いきや…】1000人に1人しか解けない難問をあなたは解ける?

トレンド

これから出す数学の問題を解くことができる人はいるだろうか。

この問題にはある秘密があり、実に1000人に1人しか解くことができないというのである!

ではその問題をご覧頂こう。

1+4=5

 

2+5=12

 

3+6=21

 

8+11=??

 

どうだろうか?「解けたよ!」という人は少なくないのではないだろうか。

「全然1000人に1人じゃないじゃん!!」と思ったあなた。少し待って欲しい。先ほどもいったように、この問題にはある秘密があるのだ!

2パターンの解答

実はこの問題には、2パターンの解答が存在する。つまり、1000人に1人しかいないというのは、「2つの解答を両方ともに答えることができる人」のことである!

ではもう一度問題に戻ってみて考えて欲しい。わからないという方はこれから紹介する解答を見て欲しい。

(以下、ネタバレ注意!!)








解答1

まずは多くの人が思いつくであろう解答方法を紹介しよう。

千人1人7

この解答方法のポイントは、1つ前の式の答えに注目することである。
・1行目の「1+4=5」はごく普通の答えである。
・では、次の「2+5=12」はどうだろうか。本来なら「2+5=7」であるが、1つ前の式の答えは「5」。
・3行目の「3+6=21」はどうか。本来なら「3+6=9」であるが、1つ前の式の答えは「12」。

この解答方法は本来の式の答えに1つ前の式の答えを足すという方法である。

解答2

こちらは少し難しい方法。

千人1人5

この解答方法のポイントはかけ算と足し算の両方を使うということである。
・1行目の「1+4」をかけ算と足し算を用いて「5」を作る。
・2行目の「2+5」もかけ算と足し算を用いて「12」を作る。
・3行目の「3+6」も同様。

この解答方法は、左の数字と右の数字をかけた数値に、さらに左の数字を足すという方法である。

しかし、実はこの「96」という数字は別の方法でも計算することができる。

解答2.5

この解答方法のポイントは左側の数字が「1、2、3」、右側の数字が「4、5、6」と1つずつ大きくなっていることである。この点に注目すると、3行目の「3+6」の後は「4+7」となるのではないかと推測できる。この考え方を元に、解答1と同じ方法で計算してみる。

千人1人8
よって、この方法でも「96」という解答は導き出すことができる。

この問題は昨年の4月に投稿されたものだが、現在でもその投稿に対するコメントはとまらない。

Can you figure this out…only one in a thousand will get it

Randall Jonesさんの投稿 2016年4月18日

 

読者の皆さんはこの2つの解答を導き出すことができただろうか?ちなみに筆者は1つ目の解答しかわからなかった。

果たしてedamame読者に1000人に1人の頭脳を持った人はいるのだろうか!?

参照元:INDEPENDENTFacebook

この記事を読んだ人に読まれている記事↓

コメント

  1. . 匿名さん (返信)

    答えは3個あるのでは30.40。96。40の上の答えを足すと言うのは式としては無理やりに思える

  2. . tomさん (返信)

    単純に回答2の96しか出てこなかった。

  3. . 匿名さん (返信)

    1+4✕1=5
    2+5✕2=12 
    3+6✕3=21
    8+11✕4=52

    52もあるのでは

  4. . 匿名さん (返信)

    瞬間わかりました。

  5. . 匿名さん (返信)

    52があるなら、8+11×8=96
     数式ではないが、数学的規則性を重視するなら、この問題の答えは96に収束するしかない。

  6. . 匿名さん (返信)

    回答2.5の
    7+1+60= は 77 ではなく68の間違いですね
    故に
    その次の行も
    8+11+68= なので 87 ですね

  7. . aktさん (返信)

    >>6
    ご指摘ありがとうございます。「7+10+60=77」の式の「10」が「1」になっておりました。数字を修正いたしました。

  8. . 匿名さん (返信)

    回答2・5の式で96しか思いつかなかった。因みに数学は大の苦手。 

  9. . 匿名さん (返信)

    2番目は、わかったけど…

  10. . 匿名さん (返信)

    >>3
    そこでなんで4を足す?

  11. . mc101dさん (返信)

    問題をジッと見ていたら、回答2しか思い当たらなかった。

  12. . 匿名さん (返信)

    解答2.5だけ見つけたら安心してしまいました。一番規則的なんですもの。

  13. . hirokoさん (返信)

    40

  14. . 匿名さん (返信)

    最初に浮かんだのが52ですね。

  15. . sakanaさん (返信)

    3秒で96と分かりました。

  16. . hanahanaさん (返信)

    ちなみに私は2番目の考え方で96でした。
    本当はどの回答が正解なのか???
    問題提供者の方・・・

  17. . 匿名さん (返信)

    俺も96しか思い浮かばなかった。

    答えまで多分30秒くらいしかかかってねいけどねw

  18. . ぱすたさん (返信)

    私はこういうのにたどり着いた。

    1+4=5  1(4+1)=5
    2+5=12 2(5+1)=12
    3+6=21 3(6+1)=21
    8+11= 8(11+1)=96

    どう思いますか?

  19. . 匿名さん (返信)

    10秒位で回答2思いつきました。

  20. . 299さん (返信)

    単純に
    a+b=x
    とすると
    x=(a+a×b)
    で良いのでは
    x=8+8×11=96

  21. . 綾瀬やまちゃんさん (返信)

    私は18番の答え 96 にたどり着きました 20秒くらいでの回答ですが・・・

  22. . 匿名さん (返信)

    >>3
    規則性から言って、これも正解だと思います。

  23. . 匿名さん (返信)

    3. 匿名さん (返信) 2017年8月1日12:39 PM
    1+4✕1=5
    2+5✕2=12 
    3+6✕3=21
    8+11✕4=52

    52もあるのでは

    規則性から言うと、これも正解だと思います。

  24. . オルフェさん (返信)

    96と40かと思われますが…?
    回答の1&2しか頭に浮かばなかった(苦笑)

    2.5まであるとは…。

    2つの回答を導き出すのに30秒くらいかな?

    他には、有るのかな?

    しばらく、探ってみるのも面白いかもしれませんね!

  25. . 匿名さん (返信)

    演繹的ではなくそれぞれの数値を与える式として表すなら
    n+m は n(n+m) を意味している
    とするのが妥当。

  26. . ゆたかさん (返信)

    コメントしてみ あす

  27. . マリオさん (返信)

    最初に1の解答があるのが不思議です。
    1+4=5と
    2+5=12の違いが何か、と考えたとき
    2X6だと12になるところから
    2X(5+1)=12が導かれ
    1X(4+1)=5と同じ考え方ができる、とわかり
    3X(6+1)=21であることから、この考えが正しいと判断し
    8X(11+1)=96の解答を得るのが、正当な流れであると思います。
    前の解答を加えて行く考え方がそ次にあり、その流れで2.5の考え方が出てくるものと思います。

  28. . 匿名さん (返信)

    99もある

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

あなたにオススメの記事↓

ライター紹介ライター一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧