【人類滅亡か!?】今週末(9月23日)ついに惑星ニビルが地球に衝突するってマジ?聖書に予言も!

ミステリー

まことしやかに語られ続ける、地球滅亡論。

現在に至るまで、いくつもの地球滅亡論が語られては現実にならず、陰謀は陰謀でしかないと心を閉ざした人も多いことだろう。

かくいう筆者も幼少期にノストラダムスの大予言を信じ、水などの災害用品を用意したが何も起きなかった経験から、この手の話は半信半疑である。

しかし、『地球滅亡』というワードを聞くと、どうしても気になる。だって、困るもの。地球がなくなったら。

今週23日、惑星ニビルが地球に衝突し、ついに地球滅亡?!

『ニビル』という惑星の名前を聞いたことがあるだろうか。

別名・惑星Xとも言われるニビルは、太陽系に存在する仮説上の惑星、もしくは惑星質量天体で、いずれ地球を滅亡させるといわれている未開の惑星だ。

そのニビルが、【9月23日(土)の秋分の日】に地球に衝突するというのだ、、!!

聖書研究家かつ天体観測家のデビッド・ミード氏は、先月21日にアメリカで観測された皆既日食は、地球にニビルが衝突する予兆だと発言した。彼によると旧約聖書のイザヤ書・第13章9節と10節が、今回の地球滅亡と先月の皆既日食について予言しているという。

nibiru

以下、イザヤ書の内容。

第13章9節:見よ、主の日が来る。残忍で、憤りと激しい怒りとをもってこの地を荒し、その中から罪びとを断ち滅ぼすために来る。

10節:天の星とその星座とはその光を放たず、太陽は出ても暗く、月はその光を輝かさない。

9節ではキリストの再臨が暗示され、地球の終末を示す。そして10節では「太陽は出ても暗く、月はその光を輝かさない」の部分が、先月アメリカで観測された皆既日食を示しているのだという。

また、ヨハネの黙示録にもニビルによる地球滅亡を暗示する一節がある。

第12章1節:また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。

この『大いなるしるし』が示すものが、惑星ニビル

ひとりの女というのはおとめ座のことで、ちょうど2017年9月23日にはおとめ座の足元には月、、そして左肩あたりに太陽が位置し、太陽の光をまとっているように見えるのだという。

そして『十二の星』はしし座の9つの星と直列する火星、金星、水星を示し、まさに23日、おとめ座の頭あたりに冠のように現れるそうなのだ。

他にも様々な憶測が飛び交っているが、どれもミード氏と同じ予想をしている。天体やキリスト教について専門的知識のない筆者にとっては、これだけで十分それっぽくて恐ろしい、、

しかし、NASAは惑星ニビルの存在を否定。

多くの人がニビル衝突による地球滅亡を信じているが、アメリカ航空宇宙局NASAは惑星ニビルの存在を否定している。

地球の4倍の大きさともいわれる惑星ニビルの存在を、宇宙をどこよりも知るNASAが否定しているのなら、今回の地球滅亡はありえないよね?と思う一方で、まことしやかに語られ続ける地球滅亡論も気になって仕方ない、、

とはいえ惑星衝突なんて規模が大きすぎて、どのように備えていいか全く分からないので、とにかく予測が外れ、何事もなく23日が過ぎ去ることを祈るばかりなのであった。

参照元:EXPRESS、WIKISOURCE[1][2]

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

難しいほうの峯

強烈なほどボディコンに憧れをもつ平成生まれ女。苗字をスムーズに読み書きしてもらえたことがないストレスフルな人生を楽しむほどのポジティヴさが売り。遠慮せず喜怒哀楽をありのままに表現しすぎるのが玉に瑕。

この人が書いた記事記事一覧