【愛の共同作業】出産の痛みを旦那と分かち合う「アステカ法」がヤバすぎて男性陣ドン引き!

カルチャー

出産するときの痛み、それは壮絶なものだ。

鼻からスイカを出すくらいの痛みとか言うが、なかなか想像できるものではない。

その壮絶な痛みに耐えるのはもちろん女性なのだが、実は古来から伝わる「アステカ法」は出産の痛みを旦那と分かち合うことができるというのである。

その方法とはいったい・・・!?

陣痛で男性のアソコも痛くなる仕組み

これは、あるユーザーがredditに投稿したものだ。

My pregnant wife sent this to me at 2:12am this morning. I’m going to guess that my snoring was quite bad last night. from funny


妊娠中の妻から夜中の2時12分にコレが送られてきた。きっと俺のイビキがひどかったんだろうな。

画像の左上部にはこう書かれている。

ウイチョル族の間で、陣痛中の妻の真上で、父親は家屋の天井などで睾丸にロープを結びつけて待機する伝統がある。妻が痛みを感じた時、そのロープを引っ張る。そうすることで生命の誕生がもたらす痛みを夫婦で分かち合うことができるのである。

これはメキシコに居住する先住民族「ウイチョル族」の間で、古来より陣痛を和らげる方法として知られてきた。

真意のほどは不明だが、「アステカ式陣痛緩和法」または、「クバーデ」とよぶことが多いようだ。

それにしても、かなり痛そう・・・。

ネット上では女性陣が異様な盛り上がり!

投稿者の奥様は、旦那さんのイビキがうるさかったのか、何か腹が立つことがあったのだろう。しかし、夜中にこんな画像が送られて来たら、旦那さんはビビッてしまったに違いない。

この「アステカ法」に対し、ネット上では女性陣が異様な盛り上がりをみせている!

「旦那にこれみせたら言葉なくしてたwww」
「男性も父になる通過儀礼をしましょう!」
「アステカ法いいわ、平等!」
「無痛分娩を否定する男たちにうってつけ!」
「生んだ痛みで親になれるとかいう旦那にみせたい」

そして、少数派だが、優しい女性たちからはこんな意見もある。

「男性が出産の痛みを味わったら死ぬんじゃなかった?」
「痛みを強要するのはDVに近くない?」

かなりの痛みを味わいそうだが、奥さんとともに出産の痛みを経験したいという男性もいるかもしれない。そして、出産方法が多様化する今、こんな方法を取り入れる医院も近いうちにでてきそうな予感がするのである。

出産の痛みを夫婦で共有できる「アステカ法」、あなたはどう思いますか?

参照元:reddit

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!