【16日間の命】2つの顔を持つ子猫が南アフリカで誕生して話題に!

動物

先天性疾患を持って生まれた子猫

12月12日、南アフリカで子猫が誕生した。しかし、生まれてきた子猫をみた飼い主は衝撃を受け、すぐさま地元の動物救護団体に子猫を連れていったのである。

その理由は、子猫の風貌をみてもらえればおわかりだろう。

12 days today, 227g and 2 normal eyes just starting to open

Bettie Beeさんの投稿 2017年12月24日(日)

そう、目が3つ、鼻が2つ、そして口が2つと、まるで2つの顔を持って生まれたかのような外見だったのだ。

通常、このような奇形で生まれた猫は長く生きることができないため、安楽死を選ぶことが多いという。しかしベティービーと名付けられたこの子猫は、元気な様子をみせたため、獣医と飼い主の判断により生きる選択をしたのである。

飼い主が開設したFacebookページでは、元気に成長する様子をみせていたベティービー。しかし、12月末に容態が急変し、わずか16日という短い生涯を終えることとなった

飼い主のコメントは以下の通り。

ベティービーは天使になりました。何らかの原因で肺にミルクが入ってしまい、苦しかったことでしょう。生きる選択をした時に、苦しみは与えないようにしようと自分自身で決めていました。16日間、私もベティービーも最善を尽くしました。生きるチャンスを奪いたくなかったので、もう一度このような機会があっても同じ選択をするでしょう。

神として崇められるヤヌス猫

ローマ神話の2つの顔を持つ神「ヤヌス」にちなみ、このように2つの顔を持った猫は「ヤヌス猫」と呼ばれている。

実はベティービーのような先天性疾患を持った猫は過去にも存在していた。それがこちらの「フランクとルイ」。

2つの顔を持つことで有名なヤヌス猫「フランクとルイ」は、なんと15年間生き続け、世界最高齢のヤヌス猫としてギネス世界記録に登録されている。2014年、癌がみつかり最期は安楽死という選択をしたようだ。

ベティービーの飼い主も、この前例をうけ、一筋の希望を見出していたに違いない。悲しい結果となってしまったが、今後もFacebookページはベティービーの生きた証として公開したままにしておくという。

小さな体で必死に生きたベティービーの写真や動画をご覧になりたい方は下のリンクからどうぞ。

参照元:FacebookInstagramGlobal NEWS

コメント

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ライター紹介ライター一覧

sugi

海外生活に憧れ日本を飛び出した、考えるのは苦手な即実行型。自称人生経験豊富だがフリスクの開け方をつい最近知った実は箱入りアラフォー娘。

この人が書いた記事記事一覧

ちょっと前の人気記事!