【衝撃】全長346kmの世界一長い水中洞窟がメキシコで発見され話題に!

自然

メキシコの一端にあるユカタン半島。ここで長年の調査の結果、世界最長の水中洞窟が発見された。

世界最長の洞窟

なんでそんな大きなものがこれまでに発見されていなかったの?と疑問に思う人もいるかもしれないが、新しい洞窟が発見されたわけではなく、これまで別々のものだと考えられていた洞窟が1つだったと判明したということだ。

調査チームによると、サック・アクトゥンという全長263kmの洞窟と、ドス・オホスという全長83kmの洞窟がつながっているということが判明した。ドス・オホスはサック・アクトゥンの一部とされ、その名前は消滅してしまうことになった。ちょっと悲しい…

この地域に見られる水中洞窟はセノーテと呼ばれている。陥没穴に地下水がたまり、内部には鍾乳洞が形成されている。

ユカタン半島には古代マヤ文明の遺跡が点在しており、セノーテにも遺跡や遺産が残っていると考えられている。

生物学の観点からも

セノーテの巨大な地下空間で、生物がどのように暮らしてきたかということを知る上でも、今回の発見は大きな意味を持つようだ。

調査チームは洞窟内の水質の検査やどういった生物が生息しているのか、といったことを詳しく調査するようだ。

全長346kmにも及ぶ巨大水中洞窟。もしかしたら、マヤ文明の新しい遺跡や新種の生物などが見つかるかもしれない。新たな情報が発表されるのが待たれる。

こちらは実際に調査している様子。どこか幻想的な洞窟だ。

参照元:YOUTUBENATIONAL GEOGRAPHICRTCNN

   
あなたにおすすめ

記者紹介記者一覧

akt

気軽に生きていたいけど、そうできないタイプの学生。最近の悩みは二日後に筋肉痛が来ること。

この人が書いた記事記事一覧